FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

日本の政治状況への危機感から逃れられないので・・・

最近はブログに向かうと、政治のことばかりになってしまうが、現在の日本の、マスコミと権力が一体化した翼賛的状況を見れば、誰でもそうならざるを得ないのではないだろうか。

政治言語としての「政権交代」 - ポピュリズムと擬似カリスマ(世に倦む日々)

_____下記は上記記事へのコメント(送信したばかり)____

わたしは、現在の状況では、次期政権の対米姿勢を最重要視しています。

小沢は確かに古い体質の政治家です。

しかし、現在の日本の最大の問題が、いかにアメリカの戦略的な日本搾取・日本隷属化政策から離脱すべきかであると言う認識を持つ人間にとって、

小沢の反米発言(わたしはこれをJ-Waveのインタビューで聴いた)以降の、西松問題がらみの国策逮捕と雪崩を打つような反小沢報道は、まさしく、小沢氏の米国離脱姿勢にアメリカが速攻で反撃した明証だと思いました。

日本のマスコミが、アメリカに陰に支配されていることは、最近の朝日新聞の変貌ぶりを見ても一目瞭然です。

世に倦む日々さんは、何を目指しているのでしょう?
世に倦む日々さんにとっての闘争すべき敵とは、誰なのでしょう?

わたしにはよくわからないのですが。

___以上コメントの引用終了___


「世に倦む日々」さんのブログのコメントを見ると、過去のものでも、承認されていないものが多い。
公開されているコメントは、わたしが目を通した限りではすべて、記事に同意する内容のものだった。
おそらく、このコメントも承認されないと思う。
しかし、わたしのブログに公開するのはかまわないだろうし、自分の記録として記事にしておくことにしよう。
スポンサーサイト



  1. 2009/05/16(土) 23:11:04|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idealistk.blog29.fc2.com/tb.php/398-4e08eff2
08月 « 2018年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。