FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

埼玉FM NACK5も、やはり増税・対米隷属の世論操作に荷担しているようだ

埼玉のFM局、NACK5も聴いてみる。朝の10時頃の番組で、「町の声」と銘打って、消費増増税に対する意見を拾っていた。最初の意見は、「15%までは上げた方が良い。財政難だから仕方がない」というものだった。そこで頭に来て他局に変えた。夜、11時過ぎにまたNACK5を聴く。「セイタロー&ケイザブローおとこラジオ」という番組で、リスナーからの意見に対して、DJ(?)がコメントするというもの。これも、「アメリカに、日本は絶対に戦争の協力をしないとはっきり言うべきだ」と言う、若い人かららしい意見をわざわざ取り上げた上で、「上から目線で」否定するコメント。やはりおかしい。リスナーを洗脳する気か。このラジオ局も世論操作の一翼を担っていると考えた方がよさそうだ。今現在の日本で、この手の世論操作が、カモフラージュされた形できめ細かく進行しているのかも知れない。要注意だ。特に若い人は、注意して欲しいと思う。
スポンサーサイト



  1. 2009/01/31(土) 02:35:08|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

知らぬ間に、というのがこわいです。

今の若い人は一般的に理論武装していないので、見聞きした情報をそのまま信じてしまう怖さがありますね。よく言えば素直なんでしょうけど。先々がとても心配です。かつて生徒の一人が、「共産党が戦争起こしたんですよ。」というのを聞いて、絶句したことがあります。彼はどこかで、共産党=怖い、悪、という刷り込みを受けたんですね。支持政党はともかくとして、ある思想、ある団体を単に嫌いというのなら仕方がないけれど、悪の権化のように言いふらす人間がいるのは嘆かわしいと思います。本当は自分自身も風評に因っているだけかもしれないのに。先の記事になりますが、村山首相の件は、日本の政治上の大失敗だったかもしれないですね。あれで、野党、というものが半ば死んでしまい、今に至っているのではないかと思っています。
  1. 2009/02/04(水) 02:13:46 |
  2. URL |
  3. 沈丁花さん #m9.eh7ss
  4. [ 編集]

中立的立場は、実は強いものの味方をすることだ

一般的には、現在の日本では、政治的な感覚が損なわれるような・愚民化促進的な言説が流通するのが、マスコミのあり方のように思えます。一見中立を装って、実際は力のある側を肯定する結果になる言説とでも言えば良いでしょうか。朝日新聞のイスラエルに対する態度などが典型だと思います。最近、朝日で、「白リン弾」の解説記事を読みましたが、その非人道性を曖昧化する内容でした。

テレビは見る機会が減ってしまい、ラジオを聴くことが多いのですが、そこでも気になることが多く、こんなことを書いてしまいました。インターネットで発信される個人的な意見にむしろ、注目することが多くなりました。
  1. 2009/02/07(土) 10:17:15 |
  2. URL |
  3. idealistk #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idealistk.blog29.fc2.com/tb.php/381-640ccca1
11月 « 2018年12月 » 01月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。