FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今日も酒を飲む

最近まで、シングルモルトは、からだに合わないと思っていて、黒霧島(芋焼酎)が健康的でよいという結論だったが、年末から新年を経て、色々と変化が起こり、体質に合ってきた。自分に相応の飲み方がわかってきたと言うことかも知れない。そう言うことで、今日も、ダブリンで買ったもう一本のアイリッシュウイスキー、Locke's(8年)をたしなむ。これも、ロックですが、好いです。

ルネサンス研究のF.イエイツは、読ませる作者だということがわかる。話の骨格がはっきりしていて、素人にも十分ついて行ける、と言うよりも、まるで司馬遼太郎の時代小説のように血湧き肉躍る楽しさだった。私にとっては、大きな啓示である。ルネサンスとその後のカウンタールネサンス(そう言う言葉があるかどうかは知らないが)とでも言うべき時代の話は、私の今後の生き方を決めてしまうくらいの力がある。今までの人生で努めて強めてきた力をどこに集結すべきか、教えてくれるものだと思う。意識が変わることで、今までと同じ行為でも意味が大きく変わってくるだろう。fruitfulになるだろう。
スポンサーサイト



  1. 2009/01/29(木) 01:02:41|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

本当に失礼しました。

ふざけた軽いコメントを書いてしまい、本当に失礼しました。御酒を召し上がりながら(?)楽しげにお好きな本を読んでいらっしゃるお姿が想像され、それが少年のように楽しげに思われたものですから、つい軽口を叩いてしまいました。さぞ御不快でいらしたでしょう。本当に申し訳ありませんでした。心からお詫びいたします。政治や学問などについての記事に関しては、私も素人ながら真剣に書いているつもりです。他の方を揶揄しようなどという気持ちは全くございませんので、それだけはどうぞお分かりいただき、今回の軽口をお許しいただけますか?御記事を楽しみにさせていただいているのです。どうぞこれからも訪問させていただけますようお願い申しあげます。本当に大人げないことをいたしました。また、勝手にリンクはらせていただいております。これもあわせてお許しいただけますでしょうか。
  1. 2009/01/29(木) 02:00:50 |
  2. URL |
  3. 沈丁花さん #m9.eh7ss
  4. [ 編集]

少数民族歌合戦

ご無沙汰。衛星の「大黄河」は私も見てしまったのです。中国人民は愛すべき人々だと思いますが、しかしオリンピックやこうした取材で重大な何事かが隠ぺいされてしまったのは紛れもない事実であり、心が痛みます。オリンピック委員会は「オリンピックをここで開催することで何かが改善されるのだ」などと思ってもいないことを言い、開催後に「改善されなかった」と発表するという二重の偽善をやりました。いつでもマスコミは、こうした立場の追認に結局は陥らざるを得ないものかと思うと悲しいですね。ただアメリカ批判に論の主眼を置くことでブッシュとオバマは同じである、という結論に一直線に到達してしまうと、少数民族歌合戦も要するに中国の民族政策の偽善性の証に過ぎなくなってしまうわけで、なかなか難しい問題もはらんでいますね。ところでヒラリー・クリントンは選挙運動中に「どうせ暗殺されるのだから私が適任なのよ」という意味のことを口走り、その後も自分の手下の財閥出身議員を利用してオバマ非難を繰り返しました。こうした状況を克服して何はともあれ黒人大統領が誕生したことを祝福しても良いかとは思うのです。
  1. 2009/01/29(木) 11:51:58 |
  2. URL |
  3. シネマディクトK #-
  4. [ 編集]

どうか、お気楽に

どうも、色々とお気遣いありがとうございました。どうか、お気楽におつきあいしていただければと思います。コメントいただけるだけでも、感謝しております。今後ともよろしくお願い致します。
  1. 2009/01/29(木) 23:41:12 |
  2. URL |
  3. idealistk #-
  4. [ 編集]

どうもどうも

オバマさんの件は、おっしゃるとおりで、自分でも、短絡的で書き直すべきだとは思ったのです。しかし、今年はあまり気を遣わないで自己本位でブログを書き散らかそうと言う気持ちもあります。そう言うことで、今後もこのような粗雑な言が出てくるかも知れません。確かにこの文だと全面否定みたいだし、オバマさんに好意を持った人たちの気持ちをないがしろにしているかも知れない。

私はテレビを見ていないので、彼の声も聴いていないし、動画で見ていないので、その分、彼の人間性を知らないわけです。きちんと関心を持って彼を見てきた人たちを惹きつける力が彼にはあるのでしょう。

「大黄河」も、私は何も知らずに額面通りに見て感心していたけど、やはり色々と裏があったのですか。うかつだったかな。
  1. 2009/01/30(金) 00:03:03 |
  2. URL |
  3. idealistk #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idealistk.blog29.fc2.com/tb.php/379-d2a47c4b
10月 « 2018年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。