FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

赤いノート、青いノート、白ノート

赤いノートは真のノート。青は一番小さい、常備メモ。白は、仕事。
赤いノートに合わせて、メタリックな赤のペイントのボールペンを買う。

赤いノートはRollbahn。 青は、septcouleur(B7)、透明なプラスチックの外装。白は無印。

哲学の歴史4ルネサンス(中央公論新社)所収の「ブルーノ」(加藤守通)は面白かった。子どもの頃読んだ火炙りの印象が強いが、単なる地動説論者ではない、新大陸アメリカの侵略・略奪を正当化したキリスト教的単一宇宙説の批判者だったことを知る。これは今、「ユニバーサル化」という言葉で蒸し返されていることにも通じるので、ブルーノの哲学がよみがえる必然性もあるのかも知れない。
なぜか、『ロバのカバラ― ジョルダーノ・ブルーノにおける文学と哲学』(ヌッチョ オルディネ 著、加藤守通訳、東信堂)を買ってあったので読んでみようか。ルネサンスの音楽ということで、持っていたパレストリーナのCDをヘッドフォンで聴く。しかし、教会の巨大空間の響きがすべてなので、ヘッドフォンでは今ひとつだった。ステレオはこどもがその前に置いたこたつを占拠していて使えない。
スポンサーサイト



  1. 2009/01/18(日) 09:50:05|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

喜々としていらっしゃいますね。

赤いノート、青いノート、白いノート。
新しいノートを買い求めるときの気持は何とも言えませんね。ましてそれぞれに合ったペンまでも。文具にはなぜかこだわりたくなります。
また、ふとした時、あるテーマの本を読みたくなり、それから次々と関連したテーマの本に手を伸ばしていくときの楽しさというのも格別です。
いつもブログタイトルに心惹かれていたのですが、今日、お訪ねしてみました。
宝箱を見つけた感じ。
  1. 2009/01/18(日) 17:24:13 |
  2. URL |
  3. 沈丁花さん #m9.eh7ss
  4. [ 編集]

沈丁花さん、おはようございます。

おはようございます。そして、どうもありがとうございます。ブログは、私も始めた頃は、距離の取り方が分からず、力の加減が分からず、神経を使ってしまったと思います。最近は、ある種の諦念(こんなものさ!みたいな?)というか、割り切った態度で望んでいるのですが、沈丁花さんのような暖かいコメントをいただくと、やはりうれしい。ブログ(故郷の廃屋)もいいですね。読みたいブログを探すのは大変ですが、一つブックマークが増えました。これからもよろしくお願いします。
  1. 2009/01/19(月) 06:45:46 |
  2. URL |
  3. idealistk #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idealistk.blog29.fc2.com/tb.php/373-06800bad
08月 « 2018年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。