スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新宗教包囲網 ・・・・・ 本当はこわい「20世紀少年」

なぜだか、よくわからないが、新宗教系の雑誌のインタビューを申し込まれる。
今頃、なぜという感じがある。
私の話は、トピックスとしてはもう古い。少なくとも、マスコミのサイクルにとっては。
そのことを娘に話したら、「じゃあ、正夢だったんだね」と言われる。
私自身は忘れていたが、以前、新宗教の教団に拉致されそうになる夢を見て、そのことを娘に話していたのだった。私としては、その夢も、映画の「20世紀少年」で、ケンジのスーパーが襲われるシーンの影響だったと思っている。
いずれにせよ、未だまだオーソドックスな学問の世界でやり残していることがいくらでもあり、トンデモ系紳士録に分類されるわけにはいかないので、辞退するつもりだ。いつもその電話が私の不在の時に限ってかかってくるのも少し不思議だが。それに、考えてみると、最近装置の相談にのってもらっている会社名が、教団名そのもの(英語表記)なのも、単なる偶然なのか。いやですね。こわいですね。さよなら、さよなら、さよなら。(淀川長治風にしめてみた)。
スポンサーサイト



  1. 2008/12/07(日) 00:37:09|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

便りのないのは・・・

ご無沙汰、まあ、いわゆる「ノー・ニューズ・イズ・グッド・ニューズ」というヤツですか。師走でもあり、忙しいかと思いますがてれてれ行きましょう。最近ヨーロッパでは三隅研次ブームらしくてDVDボックスが大ヒットだそうです。『剣』とか『斬る』とかの定番も良いですが、『なみだ川』とかの低予算映画も楽しいですよ。
  1. 2008/12/07(日) 21:06:32 |
  2. URL |
  3. シネマディクトK #-
  4. [ 編集]

勇者の剣

ヨーロッパで三隅研次ブームって言うのは、うれしいを通り越して驚きです。今の日本人より進んでいるね。さすがですね。私もDVDボックス欲しい。

『剣』は最近見ましたよ。河野秋武の剣道部部長(教師)がすごかった。優しいんだか、こわいんだかわからない凄みがあります。こういう大人が一昔前にはいましたね。戦争経験者と言うことかも知れない。彼が、風呂場で、「葉隠」の、討ち取った相手の面の皮を剥ぐ話をしていたりするのは、三島の原作にも出てくるのでしょうか。剣道場のラストシーンのすばらしさ。このラストシーンが、河野の名演技と相まって、「剣」を決定的な名作にした。三島文学の映画化としては、同じ市川雷蔵主演でも、市川崑の「炎上」よりも「剣」の方が、三島の世界観の表現として一枚も二枚も上手かも知れない。

河野秋武
http://movie.goo.ne.jp/cast/100049/
  1. 2008/12/10(水) 08:13:03 |
  2. URL |
  3. idealistk #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idealistk.blog29.fc2.com/tb.php/364-3869786a
06月 « 2018年07月 » 08月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。