FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

政治と経済のグラウンドには魔物がいる・金が埋まってる (byかねやん)

新聞を取るのをやめて幾星霜。
そば屋とか、定食屋でむさぼるように読む新聞は、なんだか見るのも汚らわしいこともあり、目を背けたくなる事件もあったり、見出しを見れば何が書いてあるかわかるような記事が大半だが、新刊の広告もあるので、気が向けば目を通している。

一方、ネットの個人的な政治経済の解説・感想記事は、面白いが、愛読していると、ある段階で、「え?!」と思うようなことも多い。

昔々、日本でCNNニュースが見られるようになり、しばらく感心してみていたことがあった。あるとき、「ノリエガ将軍」を捕縛するミッションと言うことだったか、米軍部隊の落下傘がその南米の小国に降下して行く映像がまるでハリウッド映画のように放映されたとき、「は!」と目が覚めた。キャスターのダン・ラダーは格好いいし、スタイリッシュな作りの映像と語りを楽しんでいた自分だったが、要は合衆国の大政翼賛ニュースを見せられていただけだったのだ。ちなみに、この夏に行った中国(爆弾騒ぎにニアミスした)でも、英語の国内(国際でもあるのか?)ニュースが作られており、アメリカのCNN等にそっくりな作りで、大政翼賛ニュースが流されていた。

ネットの個人経営の政治経済論評記事も、ここ数年感心して読み続けていたのだが、この北京オリンピック辺りから、結局、「反米=親中国」らしい単純さを露呈している例が多く、何だか底が割れた感じでがっかりしたことが多かった。要するに、自分で判断するほかにないというわけだ。その際、参考にするソースはあった方が良いのは確かだが。

経済が不安定化しているが、こういう状態は、私の分野では、相変態(いわゆる「変態という名の紳士by熊吉君」とは関係ないのですが)と呼んでいる。社会の化学反応では、遷移状態が長引くことも多いのだろう。それが戦争につながらないように、政治家も国民も細心の注意を払わなければならないことだけは確かだ。やはり、選挙は、候補者は魅力ないけど投票に行こうという落ちに。
スポンサーサイト



  1. 2008/09/21(日) 13:35:22|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idealistk.blog29.fc2.com/tb.php/349-130d14e6
10月 « 2018年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。