FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウォーカー(アレックス・コックス監督、エド・ハリス主演、1987頃)

昨夜、ようやく、「ウォーカー」(アレックス・コックス監督、エド・ハリス主演、1987?)を観る。
TSUTAYAレンタルサイトの感想文には、「訳がわからない」というものも多い。途中からどんどんシュールな展開になっていくので、特に若い人にはそう思えるかも知れない。日本で言えば幕末の、ニカラグアの話なのに、主人公を乗せた馬車をでかいアメ車が追い越して行く辺りから、まじめな鑑賞者は「おやっ」と思い始めるのだろう。しかし、この辺から、アメリカ帝国主義(死語か)に対する作者の政治的な感情が露出してくるので、年寄りにはむしろ話が通りやすい。それよりもなによりも、一貫して作者が、主人公ウオーカーと共に、侵略・略奪・征服という男子の持つ禍々しい業の側に立って話を進めて行くことの方に新味というか、驚きがある。それは現代日本ではもはや時代遅れで、抑圧された(昇華されたとは言えない)生命力に属するが、世界の多くの部分では、まだまだそう言う古層の無意識に支配された生き方が、巧妙に利用されているのではないか。

しかし、私が思うのは、リアルとは何かと言うことで、(例えば)ビッグバンをリアルだと感じる感性・方法論と、こういう現実を越えた語り口でしか表現できないもの(現在につながる歴史体験)があるという考え方には共通する大きな覚悟があるのではないか、と言うことである。その覚悟を持てるか否かが、素人と玄人の差なのだ。一線を越えてしまった人が、私の考える玄人である。つまり、それは、逆説的かも知れないが、素人から見たら「おかしい人」でなければならないのだ。

私に言わせれば、現代科学ほどおかしいものはない。しかし、そのおかしさが現実のある側面に強く結びついていて、現代文明を形作っているのは誰も否定できない。

本当は、昨日、久しぶりに夕方7時過ぎに帰宅し、DVDを見た後、何か足りない気持ちになり、例によって、シュタイナーの「100冊のノート」と、「宇宙的人間論」を眺めていて、感じたことを書こうと思ったのだが、うまく書けなかった。シュタイナーの語りは、普通のモノガタリに即していないわけで、しかし、そのようにしか語り得ない現実というものもあると思うのだ。万物、特に動物などの生き物たちの存在が人間と世界の運命に深く関わっているというアイデアには、何かつよく心惹かれるものがあるのだった。

そう言う固いことは抜きにしても、映画好きにはとても面白い映画ではないかと思いますよ。
スポンサーサイト



  1. 2008/08/31(日) 17:39:38|
  2. DVD・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idealistk.blog29.fc2.com/tb.php/340-4b26335d
10月 « 2018年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。