FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

人間が救われること・秋葉原の事件

確かに今の日本社会は、搾取・管理が徹底しているにもかかわらず、その対象にされている一番立場の弱い人間が、その現実を自覚できないようにできているのかも知れない。その結果、何が敵で、何がおかしいのか、自分を苦しめているものの社会的な実体が見えず、どうしようもない状態に追い込まれるのかも知れない。そういう心理に憑依してくるものもあるだろう。ともかく、社会的な変革(あるいは、積極的退歩)が必要なのは確かだろう。

それよりもなによりも、派遣会社と云う名の中間搾取形態を即刻全廃すべきだ。小泉政権のもとで合法的に出現したこの人間無視のとんでも無い「会社」は許し難い存在だとかねてから思っていた。色々な著名人のブログを見ても、今の労働現場で年若い人々がどんな目に遭っているか、いったい何が起きているかには無知、あるいは関心がないらしい。その問題に反応している人は今のところ見あたらない。もし、自分が現代の青年で、派遣会社の社員だったら、やはり何らかの意味でおかしくなっている可能性が高い。おかしくなり方は、千差万別だろうが、東京という都市が病んでいるとか、ゲーム中毒が悪いとか言うのは、問題のすり替えに過ぎない。今の日本社会が派遣のような労働基準法の精神もくそ食らえのインチキな搾取形態を合法化していること、それを誰も正面切って問題にしないことの方が、問題だ。マスコミで言説をもてあそぶ人々も、政治家も、基本的にアッパー・クラス(金持ち)で、自分の子どもが派遣会社などに「就職」するとは夢にも考えないのだろう。

そうではあるけれど、一方、日々の暮らしの中で、誰かをたとえ瞬間でも、救うことは、できるかも知れない。良心的な定食屋で安くておいしい昼飯にありつけただけで、救われてしまうことだってある(いじきたない自分の場合)。太陽がどういう仕組みで燃えているのか、恒星の進化の仕組み、われわれの肉体を構成している物質も、もとを正せば、死んだ恒星が爆発してまき散らしたものであって、我々は文字通り、星の子だってこと。そんなことを知るだけでも、なにがしかの慰めにはならないか。明日の授業で、核融合に関連して、そんな話もしてみよう。教室に詰め込まれた80人もいる学生のうち、一人でも、そんな話で慰められたら、本望じゃないか。
スポンサーサイト



  1. 2008/06/08(日) 23:22:14|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

コメント

青○高○

ご無沙汰。確かに妙な事件が多いですね。秋葉原の殺人事件は本人もアキバ通だったみたいで、じゃあ、自分の心の拠り所にドロを塗ったのかと思うと尚更不快な感じがします。こういうのはやっぱりどこか自己破壊的な側面があるんじゃないか。アキバに癒されるなんて基本的に空しいといった正論はとりあえず置いておいて。どこであれ心の拠り所は正当化されてしかるべきでしょう。人だかりに突っ込んで何かしちゃう、という決定的な意志が感じられ、いわゆる異常者の行為とはちょっと違う気がします。寺山修司の後輩らしいですね。寺山氏は連続射殺魔に興味を示したけれど、アキバの通り魔には彼らに共通する土俗性みたいなものは無い。逆にこれも時代なのか。
  1. 2008/06/10(火) 20:59:13 |
  2. URL |
  3. シネマディクトK #-
  4. [ 編集]

高校三年生

こんばんは。
もう、「無知の涙」の著者の名も忘れてしまいましたよ。私が感じるのは、こういう突出した事件は本当に氷山の一角であって、この手の心性が既に日本社会の一部になっているのではないかと言うことです。もはや、犯人の個人的な人格とか生活歴とかを云々しても問題の本質は見えないでしょう。これは既に日本の社会霊(民族霊)の一部の叫びだと思った方が良いと思う。そういう兆候は、中学生が学校の窓ガラスを割ったりとか、陰湿ないじめがはびこったりとか、歳若い日本人による表現として繰り返しあらわれてきたものだと思う。その叫びがこのような形にまでエスカレートしているということ。唐突ですが、新約聖書でのイエス・キリストの行跡を読むと、圧倒的に悪魔・悪霊払いが多いですね。当時も、救われない多くの人間(殆どが社会の底辺の人間)がそういうものに憑依されていて、それを一気に救済したのがイエスだったとも考えられる。現代の人間にも、救いが必要だが、それは、神頼みではなく、社会的な賢い・愛のある方法で行うことは可能だと思うのですよ。何とかしたいものだなあ。
  1. 2008/06/10(火) 23:52:22 |
  2. URL |
  3. idealistk #-
  4. [ 編集]

初めまして。

「活元運動」と「シンクロニシティ」(だっけ^^)で検索して伺いました。
秋葉原通り魔事件について、このようなコメントに触れ、共感しました。ネット上はひたすら犯人を憎悪し「なぜ自殺を選ばなかった」というような罵詈侮蔑の嵐です。『読売新聞』編集手帳はついにそれを新聞紙上で書いたのですね(http://netsummary.seesaa.net/article/100029652.html )。
この事件については、いろいろなことが重なりすぎていましょう。私もちょっと書いてみましたが:http://www.geocities.jp/bluegourdscastle/diary/zakki-001.html 思うところの一面です。

今後、貴ブログの記事をゆっくり拜読させていただこうと思っています。
  1. 2008/06/11(水) 04:13:12 |
  2. URL |
  3. へうたむ/bluegourdscastle #VkoLHGLQ
  4. [ 編集]

おはようございます

へたうむさん、初めまして。
そして、コメント、ありがとうございました。
記事も拝読させていただきました。全く同感です。読売新聞のことは、知りませんでした。私は、こういう新聞記者の奢りに辟易していたので、もう何年も前に、新聞を取ることをやめてしまいました。もっとも、経済的な理由の方が大きかったのは確かですが。

活元運動、今でも興味を持っている人は多いのですね。気・生命・自然のことは、ライフワークにしたいと思っています。

オーディオは、私も興味がありますが、投資する余裕が今のところないです。

今後もよろしくお願いいたします。
  1. 2008/06/11(水) 06:02:35 |
  2. URL |
  3. idealistk #-
  4. [ 編集]

お返事ありがたく。

>記事も…
ご高覧恐縮に存じます(^o^)ゞ。

>経済的な理由の方が…
ふむ…。たいへん失礼な申しようになるかもしれませんが、理系の大学専任教員でいらっしゃるとお見受けいたし、かかる事情は想像しがたいのですが…。私は拙サイト、プロフィールに記したとおりのフリーターかつワーキングプアですので、もはや蔵書も持っていられぬ事態なのです^^;。

>気・生命・自然のことは、ライフワークにしたいと思っています。
‘気’などは理系の研究者のむしろ忌避される分野かと思いますので敬服します。ご紹介の永沢 哲『野生の哲学』は文庫化(ちくま文庫)されたので早速購入。D.ピート『シンクロニシティ』(サンマーク文庫)は、最近二度めを読みおえました。こっちは‘何かいいこと起こらんかな~’の卑しい気持ちで読むのですが^^。ピートがD.ボームなどを引きつつ説く「隠された秩序 implicate order」は魅力的ですが、実生活には現われてきません^^。しかし活元運動をしているときには何か身体のさらに下を流れるものを感じ、ここからつながっているのか、などと思ったり。

>オーディオは、私も興味がありますが、投資する余裕が…
それは御兄様のゴルドムンドをご覧になったらそうお思いになるのも無理はありません^^。が、私など低価格入門機を麗々しく回路図つきで紹介しています。
  1. 2008/06/12(木) 01:36:47 |
  2. URL |
  3. へうたむ/bluegourdscastle #VkoLHGLQ
  4. [ 編集]

こんばんは

へたうむさん、こんばんは。
大学は非常勤で行っているだけで、これは薄給です。
「気」の方は、昔は野口整体をかじっていたわけですが、今は「レイキ」を、西千葉の良心的な先生に習い、実践しています。レイキも、最近、インチキな「ティーチャー」が多いらしいですよ。
  1. 2008/06/12(木) 23:44:44 |
  2. URL |
  3. idealistk #-
  4. [ 編集]

数度のコメントになり、恐縮です。

>大学は非常勤で行っているだけで…
ああ、そうだったのですか。文面から、理系の大学教授と拜察していました。

※愚生のハンドルネーム、「へうたむ」=ひょうたん(瓢箪)です^^。私がマンガで自分の顔を書くと、実際より下ぶくれの「ひょうたん型」になるので、これから取りました。サイト名=IDにある「gourd」はそれの英語(だそう)です。

ARCHIVESからゆっくり読ませていただきます。
  1. 2008/06/13(金) 01:40:11 |
  2. URL |
  3. へうたむ/bluegourdscastle #VkoLHGLQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idealistk.blog29.fc2.com/tb.php/331-f32968c7
10月 « 2018年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。