FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

こころざしの差

私が、「こいつにはかなわない」と思うとき、それは、その相手が、自分自身など、とうの昔に超越してしまって、時代なり、現実なりと(ときには命がけで)関わっていることを思い知らされたときだろう。いや、そんな立派な事ではなくても良い。その人物が、ともかく目の色を変えて向かい合っているものが、自分自身のエゴイズムだって、まったくかまわない。そこに一滴の純真さ・捨て身の覚悟があれば。

そういう意味の偉物というのは、いつの世の中でも必ずいて、時代を作って行く。シュタイナーは明らかにそういうタイプの一人で、私などが今更言うまでもない。個人的には、何かしら縁を感じる面がある。一宿一飯の恩義みたいな感じかも知れない。そこで、根拠の曖昧なシュタイナー非難を見ると、黙っていられない気持ちになって、深夜このブログを書いている。

シュタイナーはとうに他界しているので、今更教祖に祭り上げようもない。人智学を教条主義的にとらえ・表現する人(Nさんは、その善意は疑いないが、傾向としてはそうなっている)もいるし、一方で、きわめてラジカルに、未完の、未来への萌芽としてとらえる人(T先生はそうだった)もいる。私はもちろん、後者で、霊的な問題がそもそもあるがままに言語化できない以上、シュタイナーにはシュタイナーの読み方があると思っている。当人もそのまま受け取らないでくれと言っていたらしい。要は、魂への働きかけ・作用としての講演であり、著述なのだ。必ずしも字義通りという訳ではない。しかし、霊的に見ることの難しさを、シュタイナーほど微に入り細にわたって具体的に記述した人はまれで、その結果、シュタイナー読みにはある種の免疫が出来て、いわゆる霊能者・幻視者の言動の受け止め方のコツが分かり、歯止めがかかる効用がある。シュタイナーを真摯に読み込んだ人間が、たとえば、オーム真理教のような事件に巻き込まれる(偽預言者にだまされる)ことは無いだろう。

「スピリチュアル」も色々で、平安時代の更級日記の著者なども、今で言えば、スピリチュアル生活そのものの人だ。しかし、平安貴族の女子に見られるような、結局のところ関心が自己救済に終始している、現世の他者・状況への洞察と理解の欠如したスピリチュアルは、自己満足的に営んでいる分には良いのだろうが、一歩踏み出してその地平から批判とか評論を始められても、まじめに受け取ることはできない。こころざしの差が一目瞭然過ぎて。勘弁してください、というのが正直な気分なのだった。
スポンサーサイト



  1. 2008/03/25(火) 00:27:28|
  2. 人智学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idealistk.blog29.fc2.com/tb.php/316-36279c54
10月 « 2018年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。