FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

めくるめくインターネット体験

前回シュタイナーのことを書いて、日本の人智学運動が今どうなっているのか少し気になったので、今朝方遅く、週末の十分な睡眠を堪能した余韻の中で、GOOGLE検索してみた。何だか色々とあったらしい。まず、西川さんのサイトが昨年から開かれていることを知って、そこで情報を得た。一部の人が人智学が排他的だという印象を持ったとしても仕方がないような出来事(分裂)があったようだ。それから、ヒトラーvsシュタイナーという項目を持つサイトがあり、何だか血湧き肉躍るようなことがたくさん書いてあった。この辺は噂とか、立ち話的な知識は持っていたが、まとめて文章で読むのは初めてだったので、興味津々だったが、いささか疲れを感じた。

理想に対する現実というのは、いつでもなかなか厳しいもので、人並み以上に感受性の発達した人たちが、世俗的な欲望まみれになりながら、だんだん変なことになってしまうのが、世の常だ。何でも、若いうちは純粋だが、歳を取って自分(たち)の成果がある種の既得権益みたいなものに変質し、腐臭を放つようになっても気がつかないという悲劇は、ありふれすぎていて、直視する勇気がもてない。この世で力を持つためには連帯が必要だが、それが悪い意味での政治性に堕してしまうことは多い。こんなことは全くの憶測で書いているのだが、地上における法則ではないだろうか。そこを切り抜けるには、錬金術ではないけれど、絶えざる実践に身をさらし続けることしかないように思える。職人的な・自ら手を汚して働く生活が、矮小な政治性から身を護ることにつながるのではないかと思う。

実は、昨日の夕方、バタフライをいつもの悠然モードから、子供と競争ということで、久しぶりに競泳モードに切り替えてみたのだ。確かにうまくなっていたことを実感。からだ全体で水を掴まえている感じ。素晴らしかった。又やろう。しかし、今日になってみると、何か富士登山でも終えた後のような、単なる疲れではない充実感とともに、ネコのようにのんびりしたい気持ちに満たされているのだった。

サックスは、なかなか時間がうまくつながらないが、能力の現状維持はできるよう努力。そろそろ暖かくなってきたので、公園での練習を再開しよう。F師匠、ご機嫌麗しゅう。また四月からよろしくお願いいたしますね。

仕事の方は、このところ、データ解析に時間を取られて、勉強の時間がなかなか取れなかったが、何とかしよう。特に今日は勉強しよう。

哲学の歴史4「ルネサンス」、先週は「ジャン・ボダン1530-96」の項を読む。近代的な国家の主権概念を確立した最初の思想家であると同時に「魔女論」(1580)を書いてヨーロッパ全域に影響を与え、魔女狩りの理論的な正当化を果たした。その意味では有名な「魔女の鉄槌」(1486)と双璧をなすらしい。近代国家概念の確立と魔女狩りの徹底した普及を同時に果たしたというのは、決して偶然ではなくて、何か深い関連がありそうに思える。しかも、自身は神託の予言者として振る舞ったというのだから、奇怪千万だ。歴史をひもとくと、まことに奇怪な人物に遭遇できて、興味が尽きない。「薔薇十字の覚醒」も少しずつ。昨日ようやく第5章「C・ローゼンクロイツの化学の結婚」読む。いずれにしても、この時代のヨーロッパは実に面白い。
スポンサーサイト



  1. 2008/03/09(日) 13:32:52|
  2. 人智学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idealistk.blog29.fc2.com/tb.php/314-2ae45b09
08月 « 2018年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。