FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

人体補完計画(その2)サックスにて人体の不備を補うことについて

前回のレッスンで、タンギングを習う。

これは、小学校で縦笛(今考えるとリコーダー)の名人(何処かから呼ばれてきた専門家)が皆を前に、大講堂で教えてくれたタンギングとは、もちろん別物で、その辺を、サックスの師匠に教えてもらうまで、知らなくて、暫定的に縦笛的なタンギングを自己流にしていたわけだった。師匠の教えるタンギングを、家で試みると、大驚愕であった。おお、これこそジャズサックスの音だ! 何というよろこび(師匠様に合掌)。舌で(舌先ではなく、舌の面積部分で)リードの面積部分(リードとマウスピースの形作る先端部ではなくて)を押さえることによって、リードの開閉を行うのである。それだけで、全く違う音になる。男前の音になるのだった。例えば、「グリーン・スリーブス」を吹いてみると、武骨かつ悲壮感漂う音楽になる。この味わいはテナーでしか出せない。ああ、うれしい。

最近入手した"Johnny Griffin/A Blowing Session"を聞くと、ジョニー・グリフィンとコルトレーンがテナー合戦を繰り広げているわけであるが、「小さな巨人」グリフィンの明確なタンギングが初心者の私には勉強になった。コルトレーンの音作りは、どうなっているのか、未だよくわからない。

そう言うわけで、最近、テナーサックスが入っているCDを探し出しては、聴き直している。ジャケットの写真が気になり、プレイヤーの口の形でアンブシュア(口内を含めた吹奏中の口の在り方)を想像したり、マウスピースがメタルかラバーか、等、見ている。ジョニーグリフィンの場合は、前歯が丈夫そうに発達し、口元(唇の両端部分)の引き締まり具合が良く、天性のテナーマンという感じだ。ちなみに私のテナーの師匠の場合、写真を見ると幼稚園児の時代からサックス吹きの口の形が出来ている (^0^;)

私も、意識して、口の形を変えてみようか。顔は筋肉のかたまりなので、使い方で変わってくるはずである。顔の筋トレ。

サックスの練習は習慣化してきた。ロングトーン、オーバートーン(同一の運指のまま、倍音を出す)、スケール、タンギング、その後、自由に譜面を見ながら、メロディーを吹く。すべてこなすと、たっぷり二時間以上かかってしまうが、楽しみな時間です。

本業の仕事の方は、昨年の総括と、来期(今年)への新しい展開が明らかになってくる時期で、大変だが、楽しみでもある。外から来る仕事は、基本的に断らない方針。それ自体の意味はもちろん、それが準備するであろう新しい展開を、歓迎すると云うこと。
スポンサーサイト



  1. 2007/01/28(日) 11:17:29|
  2. サキソフォン|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idealistk.blog29.fc2.com/tb.php/206-b2e2a619

Ballads

昔、LPで聞いていた時は「マイ・フェバリット・シングス」なんかも入っていたような気がするが…(その点は残念)。改めて聞くと、昔あれだけ何度も聞いていたのに新しい発見がある。大量生産の安物商品のCMソングになったりしたが、古くも感じないし陳腐にもならない。年...
  1. 2008/01/01(火) 04:38:44 |
  2. ジャズ サックスの1日
11月 « 2018年12月 » 01月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。