FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

柏でライブ 

子どもと一緒に師匠のライブに行ってきた。

135色つき
写真はクリックすると全体が見られます(記事の中では右端のテテさんが切れている。ドラムスの井谷さんは師匠の陰になって見えない!)。


1.ステージ目
1.即興~MAGENTA(旧橋 壮)
2.EL CARRUAJE(ANTONIO GAMAZA)
3.NORD(旧橋 壮)
4.SWEET AND LOVELY(スタンダード)
5.RUMBA CHICK(ANTONIO GAMAZA)

2.ステージ目
1.SPRING FOREST(久保島直樹)
2.CIRCLEDANCE(久保島直樹)
3.宇宙の花(旧橋 壮)
4.宇宙の花VARIATION#1(旧橋 壮)

アンコール
5.MY ONE AND ONLY LOVE(スタンダード)

2009/06/19 柏STUDIOWUU
旧橋 壮ts、ss,fl
久保島直樹p
カイドーユタカwb
ウインチェスターニーテテperc
井谷享志ds,per

楽器

スペインのピアニスト・ガマザさんの曲が二曲、師匠の新作オリジナルも二曲で、後半はピアニストの久保島さんのオリジナルも二曲という、意欲的な構成だった。「日本のバド・パウエル」久保島直樹は絶好調だったと思う。テテさんは生は初めてだったが、井谷氏との掛け合いが面白く楽しめた。師匠の新曲は、パリとスペインでの強烈な印象を昇華したもので、新境地だった。やはり、作曲者としても、まだまだこれからよいものを残して行く人だと思う。テナーは、ひょっとしたら、リードの具合がよくなかったのかも知れないと思わせる面もあった。カイドーさんのベースは、生で聴くのは二回目だったが、今回は特に印象付けられる主張があって、面白かった。

ステージ前半の音楽では、(私は古い人間なので)現代に密儀というものが存在するとしたら、こういうものになるのかも知れないなどと考えてしまった。それくらいおもしろかった。アフリカのテテ、日本の旧橋、スペインのガマザの国境を無化したコラボでそれが実現したわけだ。後半の久保島さんのオリジナルは、明るく優しい光の世界なのだが、どこか屈折したものがあり、ジャズだけでなくクラシックの記憶も踏まえた一筋縄ではいかない曲だと思った。ひょっとしたら私小説の世界かも知れない。

ジャズも尖端では現代音楽と変わらなくなる。

行く前に寄った北海道ラーメン「ひむろ」がおいしかった。

スポンサーサイト

  1. 2009/06/21(日) 11:53:30|
  2. サキソフォン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

アニメの殿堂

このリンクは、「アニメの殿堂」に関する意見で、アニメの好きな人のほとんどはこのように考えているのではないか。




  1. 2009/06/19(金) 07:48:58|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

幻影毛の問題

私は半年に一度程度、床屋に行く習慣だったが、ストレスが髪に出る体質で、ハゲと白髪でどうしようもない。そこで、かねてから、賢明な子どもは、私に頭を丸めるよう、進言してきた。先日、ついに私も折れ、バリカンで1mmに刈ってもらう。しかし、未だ、物足りないので、Kズ電機で、最新式のシェーバー(丸洗いできる)を購入し、自分で残りの1mmも剃ってみた。これで完成形だ。素晴らしい。万歳、万歳。ようやく人間として完成形に近づいた心地がする。皆さんもいかがですか。


  1. 2009/06/18(木) 07:43:32|
  2. オサレ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サックスの問題

レッスンは、時間の問題で、行けなくなってしまっているが、もちろん、万難を排して練習時間は作っているのだった。最近の進歩としては、スケール(音階)がようやく理解できてきたこと。ピアノを習った人には自明のことでも、音楽の勉強を全くしなかった私には、目から鱗が落ちる体験だった。一定周期を持つ全音と半音の組み合わせ(有限個)と、それが伴う感情の違いがすべてなのだった。これは、結晶の構造や、そしておそらくは、ピタゴラス・ケプラー的な星界の音楽にも通じることであり、世界の数学的・イデア的な背景と密接につながっている。そこに痛切な感情体験が伴うところが、音楽というもの唯一無二な点であり、優れた音楽家は皆イデアリストである。そう言うことで、まずは、ドリアンスケールのマスターから始めたところ。キャノンボール購入後、二年半経って、ここまで、というのは、随分のんびりしているが、音はかなりよくなってきている。しかし、タンギングとアーティキュレーションがやはりまだまだで、子どもにへろへろした音色を物まねされ、悔しいが、認めざるを得なかった。金曜に柏で師匠のライブがあるので、なじみの常磐線で行くつもりだ。


  1. 2009/06/18(木) 07:27:43|
  2. サキソフォン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

非正規雇用の問題

サックスの師匠は最近冴えている。
ブログを読んでいて、ハッと目が覚める思いがした。
非正規雇用の問題を指摘しているのだった。

私の職場でも、もちろん問題で、私自身、人件費が年々削減される中で、色々と悩み始めている。
今年は、くじ引きで組合の委員に当たってしまったので、早速、組合の取り組むべき課題として、提案してみた。今は、メーリングリストがあるので、こういう点は、とても便利だ。




  1. 2009/06/18(木) 07:10:35|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
05月 « 2009年06月 » 07月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。