FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

NHKの虚偽報道 ー NHKはまず会長が辞任することから始めよう。

私も 小沢民主党代表の続投の報道をNHKテレビで観た。その直後に、NHKは「秘書は容疑を認めて自供した事が関係者を取材した結果分かりました」と報道し、これも観て(聞いて)、釈然としないものを感じたのだが、これがその後、虚偽報道であることが判明した。すなわち、大久保氏サイドは3月27日に、弁護人を通じて起訴事実を認めるような供述をしていないことを公表した

以下はこの件に関する引用です。

ーーー引用開始ーーー

『西松建設の事件でも民主党の小沢代表が「続投表明」の記者会見をした直後に、NHKは「秘書は容疑を認めて自供した事が関係者を取材した結果分かりました」と報道した。それを聞いて私は不思議な報道だと首をひねった。NHKは誰に取材したのか。「自供した」事が分かるのは取り調べた検事か、自白した本人に聞くしかない。おそらく検察に取材した結果だろう。ではウラは取ったのか。ウラは本人に聞くしかない。NHKが「分かった」と言うのは本人にウラを取っていなければ言えない話だ。どのようにして拘留中の本人に聞いたのだろう。

 これがまともな報道機関なら、「検察が自供したと発表した」と報道し、一方の主張だけでウラは取っていないことを明示する。よりしっかりしたメディアなら「検察は自供したと発表したが、被疑者に取材をしていないので確認は取れていない」と報道する。ところがNHKは「分かった」と断定した。これは秘書が否定すればNHKが意図的に「誤報」を流した事になる。

『・・・・ 国民が「不買運動」を起こす事だ。日本テレビを「視聴しない運動」やNHKの「受信料不払い運動」を起こせば二つとも簡単に潰れる。それより運動が起これば両社は慌ててまともになるよう努力するだろう。消費者が自らを守る方法は、消費者庁を作って官僚に守って貰う事ではない。「不買運動」をして悪徳企業を潰す方が効果的である。このところ嫌と言うほど味わったメディアの情報被害から国民を守るためには「見ない」、「読まない」運動を起こすことだ。新聞とテレビがなくともこの国は潰れない。そしてそうなれば傲慢なメディアも初めて自らを省みる事になる。』

ーーー引用終わりーーー

NHKが民意の意図的なコントロールに手を染めたことは、重大な不法行為にあたるのではないか。その場合、もちろん、関係者と責任者は逮捕されてもよいのではないか。該当する法律があるかどうか、私は知らないが、 NHKの公的な性格から言って、国民に対する背任行為の責任を取ってもらわない限り、私の気がすまない。なんとかしてほしい。まず会長が辞任することから始めよう。

スポンサーサイト

  1. 2009/03/29(日) 02:00:19|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北朝鮮の挑発に乗ってはならない。

以下は引用です。私の考えと全く同じことを述べている人がいます。最近、ブログの更新が滞っていますが、個人的なことよりも、もっと重大な問題に心を奪われているのです。つまり、今、日本が、戦争への重大な臨界点に至ってしまったのではないかと恐れているのです。日本のマスメディアは全くどうにもならないほどに腐敗しているので、麻生政権が北朝鮮の挑発に乗ってしまうことの危険性を露程にも報道しようとしません。日本の迎撃ミサイル発射は、戦争への導火線に火をつけることになる危険が極めて高いです。まさしく平和ボケ政権です。クリントンの真似をして、ミサイル発射で支持率向上が見込めるとでも思っているのでしょう。小沢問題も以下の問題にリンクしているのは、言うまでもありません。

ーーー引用始まりーーー

『小泉政権から特に強調されて来た憲法九条改憲論議は、日本の自主独立とはまったく正反対であり、自衛隊を合法的に米国の傭兵化とするためである。日本という国は日本人の手で守るという主旨で、小沢一郎氏は「第七艦隊」発言を行った。これはアメリカの意志による自衛隊傭兵化を明確に拒否したというメッセージになっている。国民はこの重大な意味を把握していない。この事実を指摘すると、馬鹿なネット右翼は、米国から離れて中国に日本を明け渡すのかというきわめて愚劣な論理をぶつけてくるが、小沢氏が中国に隷属するという国策を採用することはありえない。』

ーーー引用終わりーーー


  1. 2009/03/28(土) 08:37:25|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

うぶだった

テレビも新聞も、全く操作されている。
どういうメカニズムでそれが実現されているのかは知らないが、ともかく、結果的には、一定の方向に大衆をイメージ操作する方向に、もって行く。
それがこんなに徹底しているとは、今回の小沢献金事件まで、意識しなかった。自分の不覚だった。
日本という国は、一定の勢力(要するにアメリカとアメリカを支配する勢力)に操作・干渉されていると思わざるを得ない。アメリカはともかく、大衆操作の徹底した国だと言うのが、自分の認識だったが、今の日本はそれに負けないおそろしい状況だ。しかし、その手段であるテレビと新聞が若い人から見向きもされ無くなりつつあることが光明かも知れない。副官房長官の漆間という人は、相当に深い闇を抱えた人物らしい。


  1. 2009/03/16(月) 00:32:32|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

田中眞紀子も、CIAとその協力者(学者、文化人、ジャーナリスト)の策謀をテレビで明言する時代

以下のサイトにサンデープロジェクトでの田中眞紀子さんの発言(you tube)がリンクされています。
日本人すべてが耳を傾けるべきでしょう。
私は一度だけ、眞紀子さんの科学技術庁長官時代に、挨拶を交わしたことがあります。
テレビやマスコミのイメージと反して、きわめてノーブルな(高貴な)感じの方でした。

http://www.snsi-j.jp/boyaki/diary.cgi


  1. 2009/03/11(水) 22:13:01|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

狸の泥船

見えない日米戦争が戦われているのだ言う思いが日毎に強まる。
マスコミも検察も「アメリカ邪悪生命体」に寄生されているに違いない。
小沢氏は、この時期に危機に陥れられたことで、日本国民の利益のために働く人物であることが証明された。

狸の泥船が沈むのはいつなのか。
あなたと私は、狸か、ウサギか。
かちかち山は燃えているか。



  1. 2009/03/06(金) 01:11:55|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

死ぬと口から何かが出てくる奴 と戦う私 ( ヒドゥン: カイル・マクラクランの悲しげな宇宙人)

以下は、植草一秀の『知られざる真実』の記事。
小沢代表秘書逮捕・予想通りの政治謀略の深い闇

私の感じとしては、オバマ・アメリカの軍事行動に対して「距離」を置くことを発信してきた最近の民主党首脳部、そのヘッドへの攻撃が始まったのでは、と言うことだった。アメリカに背く政治家は必ず罠に落とされるのが今までの日本の現実だったし、今もそうなのだ、というのが私の感想だ。最大の敵は、メリケン邪悪生命体だよ!! 日本の権力中枢に寄生してるんだよ!!

その道の専門家によって設計された罠だったのではないか。そう言う能力を持つ背後の勢力は、日本の組織犯罪集団と言うよりも、高度なテクニックを持つCIAとか、ではないか。妄想はフクラムバカリダ。昨日見た"The Hidden"の影響も強いけれど、竹鳴け平蔵とか、死ぬと口から何かが出てきそうな人物は多いじゃないですか。きっと権力中枢とか、一二の三流大学とか、もちろんマスコミとか、あらゆるところにいるんじゃないですか。もう私も立派なネット陰謀論者か? イヤ、実際そうなんだろうと思います。


  1. 2009/03/03(火) 23:38:19|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
02月 « 2009年03月 » 04月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。