FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まだまだ大掃除

結局、年賀状は、大晦日の今朝、早起きして書く。午前中に職場に行って印刷する段取り。午後から大掃除の続きがしたい。年賀状も、普段なかなか会えない友人宛以外は、営業活動の一部みたいな面もある。
大掃除、整理が進み、オーディオセットを二階の日当たりの良い部屋に移動した。
天井の高い一番大きい部屋で、空気のボリュームが大きいせいもあり、音が格段に良くなった。
埃だらけだったのを掃除して、組み直したことも効いたかも知れない。
日だまりで音楽を聴きながら本を読んだり、うとうとしたりできるようになった。
この部屋は、中央にこたつ、南を向いて左手側がオーディオ。右側にベッド、こたつの脇に机、北側の壁面に棚がいくつかと、とても日本的な便利な部屋になってしまった。

受験の子どもの風邪の予防と、自分の鼻炎・喘息対策と言うことで、この冬の家電第二弾、空気清浄機をやはり価格ドットコムで買う。パナソニック F-VXD50と言う機種。加湿器も付いている。この冬はこれで乗り切りたい。後は、睡眠時間の確保か。

スポンサーサイト

  1. 2008/12/31(水) 06:53:40|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

鼻づまりのため大掃除

衣類を整理する。
家族4人で、結婚して20年以上経ち、私以外皆女なのだから、衣類の蓄積が多いのも当然かも知れない。自分のものは捨てるべきか判断が付くが、出勤中の妻と嫁に行った娘のものは判断が付かない。古着屋で売れそうなものも多い。掃除機をかけてから防虫剤を入れたビニール袋に包む。相当なボリュームになってきた。フリーマーケットでもあれば出店できる量かも知れない。子どもの幼稚園時代のドレスが無傷で出て来る。ゴヤの描くスペインのお姫様みたいだと思い、泣ける。アメリカで買った妻のコートなども。これも、State Collegeと言う小さな町のショッピングモールで求めたもので、ブランド品などではないが、質実剛健と言うか、立派な作りだ。私の印象では、アメリカで作られるものには、頑丈で長持ちするものでなければならないと言う考えが基本にあり、その結果、重くなるが、彼らは幌馬車で大荷物を抱えて移動してきた人たちの末裔なので、重いのは苦にしない体力と気力があるらしい。空港などでも、大荷物を抱えて移動するアメリカ人の印象が強かった。アメ車もそう言うイメージだったのが、時代の趨勢に取り残される結果になったのか。

掃除の手を休めて、窓を開け放ってみたら、雨上がりの空気が限り無く清浄で、これ以上の喜びは無い。鼻で息ができることがこんなにも生の感覚に直結しているものとは思わなかった。ここ数週間の掃除の成果で、鼻づまりが快方に向かってきた。


  1. 2008/12/23(火) 12:08:54|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

不要物の整理

冬休みは、半年前から家の整理と決まっている。
呼吸器科では、喘息と診断され、アレルギー検査の結果、猫、ハウスダスト、杉、檜(ひのき)が反応した。喘息は、気管支に症状が出るアレルギーで、生死に関わる。
とりあえず、今は、アレルギー性鼻炎なのか、鼻づまりがきつい。
家を徹底的にダスト・フリー(無塵)に近づけようと思う。
90リッターのビニール袋20枚、「タイヨウ」でもらってきた焼酎甲類の段ボール箱数十個、そしてダイソンの掃除機(DC22 ddm turbinehead)が武器である。ダイソンは、喘息が判明してから、思い切って、価格ドットコムで買った。これはもう一生手放せない。「男には男の武器がある?」(by城健三郎)。テレスコープ式という伸縮するパイプ部分の操作性が、ある種の銃を思わせて、その気にさせてくれるのだった。生活用工業製品で、こういう制作者の個性と主張のはっきりした作品性のあるものを生み出すイギリス人はやはり侮れない。交換できる先端部分は、もっと便利なものが作れそうだが、サードパーティー製であるだろうか。私だったら、子どもの頃家にあった日立製の掃除機に付いていた、丸い断面に刷毛が付いているもので、首の角度が自由に動けるものが欲しい。それから、壁とか天井面に特化したものもあると良いのだが。

サックスは、ようやくレッスンも復活し、師匠の適切な指導の結果、音が驚くほど良くなった。流石だ(師匠が!)。これなら行けそうだと思う。ベン・ウエブスターなどの、ナルシスティックな美音も出せるようになったと思う。これに淫してはいけないが、楽しいことに変わりはない。サブトーンも出るようになる。一時期は、喘息的な症状(鼻詰まりと咳)で、サックスも駄目かと思ったが、復活できた。やはり諦めないで良かった。冬休みは、掃除とサックスで過ごすつもり。家がきれいになったら、日だまりでのんびり読書したい。


  1. 2008/12/21(日) 13:54:58|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新宗教包囲網 ・・・・・ 本当はこわい「20世紀少年」

なぜだか、よくわからないが、新宗教系の雑誌のインタビューを申し込まれる。
今頃、なぜという感じがある。
私の話は、トピックスとしてはもう古い。少なくとも、マスコミのサイクルにとっては。
そのことを娘に話したら、「じゃあ、正夢だったんだね」と言われる。
私自身は忘れていたが、以前、新宗教の教団に拉致されそうになる夢を見て、そのことを娘に話していたのだった。私としては、その夢も、映画の「20世紀少年」で、ケンジのスーパーが襲われるシーンの影響だったと思っている。
いずれにせよ、未だまだオーソドックスな学問の世界でやり残していることがいくらでもあり、トンデモ系紳士録に分類されるわけにはいかないので、辞退するつもりだ。いつもその電話が私の不在の時に限ってかかってくるのも少し不思議だが。それに、考えてみると、最近装置の相談にのってもらっている会社名が、教団名そのもの(英語表記)なのも、単なる偶然なのか。いやですね。こわいですね。さよなら、さよなら、さよなら。(淀川長治風にしめてみた)。


  1. 2008/12/07(日) 00:37:09|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Give me the whale meat, please!!!!! ワタシ、クジラ、タベタイデス。

Japan sells Icelandic whale meat
クジラが食いたいんだよーー

更新が滞ってしまった。
家族(含む嫁ぎ先の娘)・親戚の皆様、遠くの友(数人)、見ず知らずの読者の方(多分三人くらい)、ご無沙汰してすみませんでした。

ブログ・リハビリと言うことで、、BBCニュースを引用してみました。
こんな光景、いったい、日本のどこに行けば、見られるのかね?
すごくレアな店だと思うけど、こういうニュースを見た欧米人は、「日本人、鯨、ガンガン食べる、野蛮デース」なんて言っているのかね。BBCという公器を使って日本人への偏見を助長している訳だね。

食文化は各地方・お国に固有のもので、それを傍からとやかく言うものじゃなかろう。
鯨を食い尽くす日本人と言うのも、頭数制限とかがあるわけで、無理だしな。
無知と言うよりも、傲慢なわけだね。

とはいうものの、私、個人的には、鯨なんか食べなくたって、いっこうにかまわない。
鯨がいっぱい泳いでいる風景がみたいとも思う。
しかし、それはそれとして、「オマエには言われたくないよ」。
チューリングに女性ホルモンを注射した国民には。


  1. 2008/12/06(土) 23:29:28|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
11月 « 2008年12月 » 01月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。