FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

酒粕で甘酒

生活と研究で、ブログを書けるのも週末だけになる。しかし、その週末も、三日あったらと思う。尊敬すべきクーパー捜査官も、ツインピークスの一件では、天井から降り注ぐ雨のなかでX氏を看取った後(半分ネタバレ?)、久しぶりに休暇を取ろうかという設定だった。日本の労働者は、なかなかそうも行かない。休暇を取る同僚というのは、奥さんに稼ぎがある人とか、特殊な例になる。

今朝方は。部屋の中に押し入ってくる青白い背の高い男と存在感のない女という、ツインピークスっぽい夢を見た。インターネットで記事を読んでいるのは、自分としては、一番間抜けなサボりの時間だが、いわば(人々の)心の延長としてのインターネット空間というものが広がっているとして、その中に入ったり、関わったりすることが、最近少し怖くなってきて、そういう心理を反映した夢かも知れない。

ゾシマ長老はアリョーシャに、人に対するに子供や病人に対するように愛情を持って、丁寧に慎重に対さなければならないと教える(カラマーゾフの兄弟)。こういうことは、年を取ってくると、何となく身につけてしまうことかも知れないが、明快に言語化しておくことは大事だ。何もそれは、聖職者の心得というものでは無くて、大人として心得ておくべきことなのだと思う。特に今のような、霊的な嵐のような時代にあっては。

ブログを書くだけで、心の延長としてのネット空間に深い関わりが出来る。それが期せずして誰かのプライドを傷つけたりすることになるとしたら心外だ。日記という、個人的なもの、いわば心の延長が、書けば即公共の空間に出現するのは前代未聞の出来事で、その影響力は不可測だが、心の世界のつながりという意味では、それがポジティブにもネガティブにも作用しうることは意識しておこう。やはりそれも「厳粛な綱渡り」なのだ。

こんなブログを見に来てくれる人がいること自体が不思議であるが、もちろん、このブログで私は、絶えずふざけている。ウイトゲンシュタイン宗教哲学日記(講談社)によると、ウイトゲンシュタインは、「私にはふざけると言うことが無い」そうだが、私は逆で、常にふざけたい方だ。誰かに深刻になられると困ってしまう。実家に帰ったある日、気がつくと、「人生は、いつも明るく、楽しく、希望を持っていこう」と筆で書いたものが部屋に飾ってあった。亡くなった父が残したものだった。まさしく、その通り、それ以外にない。この世に生をうけたこと、生きていること自体に感謝して、楽しく生きて行かなきゃ「お天道様に申し訳ない」。

そういうことで、スーパーで買った八海山の酒粕というもので、甘酒を造って飲む。ショウガを少し摺って加える。本当においしい。次は、出来れば酒造所に行って、新鮮な酒粕を買ってこようと思う。

スポンサーサイト

  1. 2008/02/24(日) 19:02:13|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

欲張らないこと

土曜は子供たちと水泳に行く。市営プールはガラスと鉄骨の建築で明るく、冬の光がプールの水の中まで降り注いでいて、贅沢な気持ちを味わう。これからは週末の明るい時間に来ることにしよう。

今日は読書用のボールペン、メタリックな7色と、jetstream、いずれもuniを買う。全部でも千円程度。テレマンのターフェル・ムジーク全曲と、ボッケリーニのギター五重奏曲集全曲というものも買ってしまった。いずれもBrilliant Classicsの廉価版だが、ユーロ高のせいなのか、以前よりも明らかに値が張っていた。研究の方で最近また新しい結果が出始めて、その意味を知るための勉強を、これらを聴きながら進める。欲張らず、地道に一歩一歩進めること。しかし、あまりに研究の要素が増えてきたので、最近、プロジェクト管理のソフト(OmniPlan)を買って、研究項目を整理し始めた。哲学の歴史4「ルネサンス」は、ルターの項を読み終えたところ。「ツインピークス」は第十話まで。笑いながら泣く男、FBIの毒舌検屍官が、尊敬すべきクーパー捜査官以上に可笑しいかも知れない。丸太おばさんも活躍していてうれしい。


  1. 2008/02/17(日) 22:49:06|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イエズス会に捕らえられ、ガレー船で足枷刑に処せられる

小学校にも上がる以前に、時代劇で刷り込まれた「この、キリシタンバテレンの妖術使いめ!」という魅惑的なイメージから逃れることが出来ないらしく、私にとってのイエズス会には怪しくも懐かしい「悪の残り香」がまとわりついていて、「薔薇十字の覚醒」を読んでいても、そのような偏見を補強するような記述(今回のタイトル)が出てくると、何となくうれしい。変態か!


  1. 2008/02/11(月) 10:30:49|
  2. 読書|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゼンターイ止まれ。休め。神秘主義野郎の休日。

先週は、九州出張の移動の間、永井均「なぜ意識は実在しないのか」二度目の読書を続けた。昨日二度目の読了。赤瀬川源平に「宇宙の缶詰」という作品があるらしい。それは、裏返された缶詰で、全宇宙がその中に缶詰にされている。その場合、「私」は裏返された缶詰の外側にいるのか、それとも、私の中に全宇宙が在るのか。永井氏はこのアイデアを気に入って、繰り返し引用・応用してくる。まさしく宇宙が自分の内面として感じられるという「意識のトポロジーの逆転」については、シュタイナーも神秘体験のある段階(死後の経験だったかな)として描いていたので、おや、と思う。単に(?)思弁的な哲学も突き詰めると似たような場所に出るのか。ちなみに、先ほどの問いに対する神秘家からの答えは、「私が宇宙になる」と言うことだろう。それから、「言語の見せる夢」という一節も何度も繰り返し、仄めかされ、演奏される。この辺もかなり魅力的な響きがある。しかし、言葉をいわば宇宙・私の起動力として認識する態度は、ヨハネ福音書にまでさかのぼることが出来ると思う(仏教にもそういうアイデアがあるのかどうかは知らない)。永井氏の思想は、そういうことで、現代的なまじめな哲学には違いないが、私のような神秘主義野郎にも十分面白い。少なくとも、根源的にもやもやしたものを一度言語化するためのヒントにはなるし、ウィトゲンシュタインに興味を持たせてくれた。何より、この本を読んだおかげで、ヨハネ福音書の冒頭がより深い意味を持って響いて来る。こういう読み方を、永井氏が望むかどうかは全く別の問題だが。


  1. 2008/02/10(日) 12:41:28|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

さあ、恥ずかしがらずにこっちへおいでと「時間」が呼ぶ

永井均「なぜ意識は実在しないのか」を読んだ(まだ2回目の読書の途中)ことがきっかけで、ふとした弾みに、自己意識について考える。自己意識の時間的な広がりについて。自分の中で、絶えず時間は進んでいて、自己意識自体が時間という枠組みの中でしか経験することが出来ない。自己意識から時間という座標を外すことは不可能で、自己と時間はあたかも一体化しているかのようである。強引な外科手術によって自己から時間を引き離したとたん、自己は一個の物体と化す(というよりも消滅する)だろう。アインシュタイン以来、時間は空間と切り離して論じても意味がないことが明らかになっている。ならば、時間的にしか経験(存在)できない自己意識というものが存在する「空間」がなければならない。それは物理学からのアナロジーに過ぎない? いや、そうではなくて、この辺にきっと、突破口がある。物理学と霊学(適当な言葉がないので)は、対立するのではなくて、おそらく双対性を持つのだ。物理的(時間、空間、物質、エネルギー)の構造化した(本来一者としての?)世界を人間のアタマで理解できるように解いたものが相対論であるとして、非物理的な(時間、空間、自己、エネルギー)の実在が、見いだされなければならないのではないか。それは既に古の知恵が明らかにしているのことなのか?

と素朴に考えた。ブログというものは、どういう人が来て読んでいるのかわからないところがこわい。つまり、この問題をまともに考えられるように、意識して勉強を始めたぞ!と、ひとりでシュプレヒコールしているのだ。春を待ちながら。


  1. 2008/02/02(土) 11:37:54|
  2. 自然哲学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
01月 « 2008年02月 » 03月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。