FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

こころざしの差

私が、「こいつにはかなわない」と思うとき、それは、その相手が、自分自身など、とうの昔に超越してしまって、時代なり、現実なりと(ときには命がけで)関わっていることを思い知らされたときだろう。いや、そんな立派な事ではなくても良い。その人物が、ともかく目の色を変えて向かい合っているものが、自分自身のエゴイズムだって、まったくかまわない。そこに一滴の純真さ・捨て身の覚悟があれば。

そういう意味の偉物というのは、いつの世の中でも必ずいて、時代を作って行く。シュタイナーは明らかにそういうタイプの一人で、私などが今更言うまでもない。個人的には、何かしら縁を感じる面がある。一宿一飯の恩義みたいな感じかも知れない。そこで、根拠の曖昧なシュタイナー非難を見ると、黙っていられない気持ちになって、深夜このブログを書いている。

シュタイナーはとうに他界しているので、今更教祖に祭り上げようもない。人智学を教条主義的にとらえ・表現する人(Nさんは、その善意は疑いないが、傾向としてはそうなっている)もいるし、一方で、きわめてラジカルに、未完の、未来への萌芽としてとらえる人(T先生はそうだった)もいる。私はもちろん、後者で、霊的な問題がそもそもあるがままに言語化できない以上、シュタイナーにはシュタイナーの読み方があると思っている。当人もそのまま受け取らないでくれと言っていたらしい。要は、魂への働きかけ・作用としての講演であり、著述なのだ。必ずしも字義通りという訳ではない。しかし、霊的に見ることの難しさを、シュタイナーほど微に入り細にわたって具体的に記述した人はまれで、その結果、シュタイナー読みにはある種の免疫が出来て、いわゆる霊能者・幻視者の言動の受け止め方のコツが分かり、歯止めがかかる効用がある。シュタイナーを真摯に読み込んだ人間が、たとえば、オーム真理教のような事件に巻き込まれる(偽預言者にだまされる)ことは無いだろう。

「スピリチュアル」も色々で、平安時代の更級日記の著者なども、今で言えば、スピリチュアル生活そのものの人だ。しかし、平安貴族の女子に見られるような、結局のところ関心が自己救済に終始している、現世の他者・状況への洞察と理解の欠如したスピリチュアルは、自己満足的に営んでいる分には良いのだろうが、一歩踏み出してその地平から批判とか評論を始められても、まじめに受け取ることはできない。こころざしの差が一目瞭然過ぎて。勘弁してください、というのが正直な気分なのだった。

スポンサーサイト

  1. 2008/03/25(火) 00:27:28|
  2. 人智学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

めくるめくインターネット体験

前回シュタイナーのことを書いて、日本の人智学運動が今どうなっているのか少し気になったので、今朝方遅く、週末の十分な睡眠を堪能した余韻の中で、GOOGLE検索してみた。何だか色々とあったらしい。まず、西川さんのサイトが昨年から開かれていることを知って、そこで情報を得た。一部の人が人智学が排他的だという印象を持ったとしても仕方がないような出来事(分裂)があったようだ。それから、ヒトラーvsシュタイナーという項目を持つサイトがあり、何だか血湧き肉躍るようなことがたくさん書いてあった。この辺は噂とか、立ち話的な知識は持っていたが、まとめて文章で読むのは初めてだったので、興味津々だったが、いささか疲れを感じた。

理想に対する現実というのは、いつでもなかなか厳しいもので、人並み以上に感受性の発達した人たちが、世俗的な欲望まみれになりながら、だんだん変なことになってしまうのが、世の常だ。何でも、若いうちは純粋だが、歳を取って自分(たち)の成果がある種の既得権益みたいなものに変質し、腐臭を放つようになっても気がつかないという悲劇は、ありふれすぎていて、直視する勇気がもてない。この世で力を持つためには連帯が必要だが、それが悪い意味での政治性に堕してしまうことは多い。こんなことは全くの憶測で書いているのだが、地上における法則ではないだろうか。そこを切り抜けるには、錬金術ではないけれど、絶えざる実践に身をさらし続けることしかないように思える。職人的な・自ら手を汚して働く生活が、矮小な政治性から身を護ることにつながるのではないかと思う。

実は、昨日の夕方、バタフライをいつもの悠然モードから、子供と競争ということで、久しぶりに競泳モードに切り替えてみたのだ。確かにうまくなっていたことを実感。からだ全体で水を掴まえている感じ。素晴らしかった。又やろう。しかし、今日になってみると、何か富士登山でも終えた後のような、単なる疲れではない充実感とともに、ネコのようにのんびりしたい気持ちに満たされているのだった。

サックスは、なかなか時間がうまくつながらないが、能力の現状維持はできるよう努力。そろそろ暖かくなってきたので、公園での練習を再開しよう。F師匠、ご機嫌麗しゅう。また四月からよろしくお願いいたしますね。

仕事の方は、このところ、データ解析に時間を取られて、勉強の時間がなかなか取れなかったが、何とかしよう。特に今日は勉強しよう。

哲学の歴史4「ルネサンス」、先週は「ジャン・ボダン1530-96」の項を読む。近代的な国家の主権概念を確立した最初の思想家であると同時に「魔女論」(1580)を書いてヨーロッパ全域に影響を与え、魔女狩りの理論的な正当化を果たした。その意味では有名な「魔女の鉄槌」(1486)と双璧をなすらしい。近代国家概念の確立と魔女狩りの徹底した普及を同時に果たしたというのは、決して偶然ではなくて、何か深い関連がありそうに思える。しかも、自身は神託の予言者として振る舞ったというのだから、奇怪千万だ。歴史をひもとくと、まことに奇怪な人物に遭遇できて、興味が尽きない。「薔薇十字の覚醒」も少しずつ。昨日ようやく第5章「C・ローゼンクロイツの化学の結婚」読む。いずれにしても、この時代のヨーロッパは実に面白い。


  1. 2008/03/09(日) 13:32:52|
  2. 人智学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自由ですよ

シュタイナーの「死後の生活」(イザラ書房・横尾忠則の装丁)をのぞいていたら、科学の役割について、収穫された小麦の喩えが語られていて、なるほど、シュタイナー、良いことを言うと思った。というより、シュタイナーによって、私が科学に関わる根本的な衝動が正当化されている気持ちがした。つまり、小麦は収穫され、その九割が食用に供せられたとしても、一割は残されて、次の年の生産のために大地に蒔かれる。同じように、科学の成果の九割が人間の生活に役立たされたとしても、残りの一割は、それが次の世代の世界観を形成するための養分として人間の魂の中に蒔かれるのであると。ここでシュタイナーは、自分たちの精神運動の目指すものが、(科学革命による)世界観のコペルニクス的転換と同様の規模のものであることを再認識させる。そして、十九世紀になってもなおコペルニクスの著作が教会の禁書目録に入っていたことを指摘して、世界観の転換には時間がかかることの自覚を促している。ここで、評論家でも、学者でもない、「世界の改革」を自覚した実践者としての、スケールの大きな、良い意味で西欧的な妥協の無い強靱な精神性を感じてしまう。

科学的な世界観を獲得したことで、わずか数百年で人類の世界認識・宇宙認識のスコープは指数関数的に増大し、二十世紀末には、それが一原子を実空間で認識するスケールと、天文学的なスケールの双方に拡大して、世界認識の技術的爆走が始まった。今はジェットコースターに乗っているような気分がする。

科学的精神の本質は自由にあり、その自由というものも、実は、世界の美的構造への揺るぎない信頼を前提にしている。それは科学・数学の研究が進めば進むほど、ますます確かなものになって行く。一般の人の目にはつかない可能性が大きいが、科学者たちは今、とてつもない技術的な自由を謳歌している。それは個々の経験を超えて、人類の経験として、かつて無い何かを共有させているはずだと思う。科学革命が生じなければならなかった理由は、おそらく、人間の徹底的な思考の自律と自由の経験が人類の霊的な深化にとって必要だったからだろうと思う。その先の「世界の改革」のイメージを思い描くことは楽しい。

少し気になる、一部の人が持っているらしい、シュタイナーが何か排他的なサークルの人であるという決めつけが、どこから出てくるのかよく分からない。誤読だと思う。シュタイナーはその著作が駅のキオスクで売られるようになれば良いと言っていたそうだ。仮に現在の人智学に関わる誰かが排他的だったとしても(私は知らないけれど)それはシュタイナー自身の思想とは関わりがない。ただ、それだけ、気になる思想家ではあるのだろう。現在は小さな思想家の時代なので。シュタイナーの全集は全巻で500巻くらいはあるらしいので、日本で翻訳が読めるのはその一部に過ぎない。知られざるシュタイナーというものもあるかも知れない。大学で学んで、その後完璧に使わなくなったドイツ語を勉強し直して、それらを読むということが、将来できるかどうか。大いに自信なし。

今週は土曜に打ち合わせの仕事が入り、久しぶりに東京に出たが、帰りに、途中まで一緒だったT氏の研究の話が面白く、お茶の水で買う予定だったゾンダのリードの件を完璧に忘却、買いそこねた。かわりに、谷中コーヒーで豆を買って帰り、それを飲みながら一週間ぶりにブログを書く。


  1. 2008/03/02(日) 12:55:43|
  2. 人智学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

初夢

二日の明け方に見た夢。これが初夢というものだと思う。声だけの夢で、誰かに、「超感覚的認識とは何か?」という意味の問いを問われ、それに対して私の声が答えるというものだったようだ。夢の中での私は、現の私が答えられる答えの範囲で答えていて、夢の中の自分と、現の自分の同一性が(いつものことだが)強い。一般的な能力も、性格も、私のままで、ただ、夢にしかないような環境の中に私が登場する。それがいつものこと。声だけの夢というのは、一種の霊夢と思って良いかも知れない。

この夢は、南房総の家内の実家の二階で見た。たまの来客時に使われる布団は、年代物で綿が固く締まっている感じで、しかも寒かったので、たくさん重ねていたため、寝入りばなはとても重くて、辛かったが、直に慣れて眠ってしまったようだ。その晩は、近海のカジキマグロが何年ぶりかで捕れたというので、ごちそうになった。

時間をさかのぼると、大晦日は自宅の大整理。前回(かなり前)に残してしまった部分から着手して、かなりすっきり出来た。元旦は午後から高速を使って家内の実家に行って泊まり、二日に帰ってきて、その夜は今度は子供のアパートの大整理。かなり片付いた。正月早々よくやったと思う。残された書斎の掃除とか、窓のガラス磨きとか、ボチボチこなしたい。まだ休みが続くので、基本的には本を読んだり、勉強したり、のんびり出来そうだ。市民プールが冬休み中は閉館しているので、家で腹筋と懸垂でもしよう。

ともかく、何でも、すぐに着手するのが今年のモットー。大切な準備期間を必要とするような仕事でも、その準備でも良いから、すぐに着手すること。本当に大切なことは、それほど多くはない。私の場合、五本の指で十分数えられる。(1)本業の研究ーメタケミストリーとして、現代性と時代を超えた普遍性の両面を強化して行く。(2)家族ー生活。(3)神秘学ー汎科学・哲学として。(4)健康ー水泳・霊気など心身の健康。(5)趣味ー音楽の実践・美術鑑賞など。ということだろう。これらは円環をなしていて、すべてが結びついているはずで、昔どこかで見た覚えがある「色彩環」みたいなイメージだと思う。


  1. 2008/01/03(木) 10:20:51|
  2. 人智学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Fama Fraternitatis (薔薇十字の名声)

朝起きると既に十時前で、食卓の上で、最近復活した焼きサンドイッチ製造装置(大袈裟)が盛んに蒸気を吐いていた。家人がワッフルを焼いていたのだった。珍しいこともある。年末で仕事が一段落したのだろう。それを朝食にし、昨日の続きの年賀状書きをするつもりで北側の寒い書斎に入り、書棚を眺めていると美しい装丁の本があった。手に取ってみると、種村季弘訳の「化学の結婚」(1993年・紀伊國屋書店)だった。何気なく開いたページは「薔薇十字の名声」の一節で、今読んでも生々しい感触がある。最近、読書がヨーロッパの一時代でつながるようだ。


  1. 2007/12/30(日) 11:22:34|
  2. 人智学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

安倍首相とスピリチュアル

安倍さんという人は、若手政治家として何年か前から目立ってきて、うろ覚えだが、ほんの数年前に「日本も核武装すべき」だと公然と発言したはずだ。日本の政治家も世代交代が進んで、いよいよこういうのが出てくるわけか、と大いに気分を悪くした覚えがあった。そのときの感覚は、「反吐が出る」というようなもので、その後も、この人をテレヴィで見るのが苦痛だった。出来れば(今後も)安倍氏にだけモザイクがかかるような装置を我が家のテレヴィに導入したいくらいであるが、悪夢が実現して、その後数年を経ずして、安倍氏は総理大臣になった。

学生時代、もう25年くらい前だろうか、「アトミックカフェ」というアメリカ製(だったと思う)の記録映画を見た。戦後、旧ソ連とアメリカ合衆国が核開発にしのぎを削る冷戦時代のアメリカ国民と核兵器の関わりを描いたものである。小学校で、先生が生徒に"Duck and hide"(だったと思う)と教える。これは、ソ連からの核攻撃の際にとるべき避難態勢で、要するに、学習机の下に隠れようと言うわけだ。マッカーサーみたいにサングラスをかけた恰幅の良い将軍たち(?)が、デッキチェアに座って、砂漠の核実験を見学している。爆発の瞬間、もちろん強烈な爆風が彼らを襲うわけだが、彼らは実験成功を喜び合う。そんな光景もあった。無知ほど恐ろしいものはない。彼らはその後、白血病や原爆症に苦しみ、もっと長く生きられたはずの人生を終えたことだろう。繰り返すが、無知ほど怖いものはない。その意味で、教育ほど、大事なものはない。その教育法で、必要な議論も行わず、多数をいいことに強行採決した張本人が、安倍首相だった。

自民と公明が過半数を占め、安倍氏が首相になった段階で、こういう反吐の出るような合法的暴力は決まってしまったようなものだろう。教育法(愛国心の強制って何だ?)は勿論序の口であって、本丸は憲法「改正」(注)であり、安倍氏はいよいよ意欲を燃やした。それが、とりあえずかも知れないが、今回の辞任で頓挫したのは何よりだった。

安倍氏・小泉氏などの新世代の保守系政治家の軍事問題におけるアメリカに対する恥ずかしいくらいの追従ぶりは、どう考えるべきなのか。正直なところ、私には理解することが出来ないが、そろそろ本題に入ろう。

昨年の八月、京都・鞍馬山で、絶対平和主義の主張に触れて、身体が震えるくらい感動したことはこのブログにも書いた。それが、スピリチュアルの本来の立場だと思う。一方、勝手に、誰に頼まれたわけでもないのに、世界に対する責任を感じ、学び、行動するのが、私のイメージする「知識人」だった。先日真夜中にNHK・BSで、小田実の追悼番組があって、小田の独特な存在感がビシビシ伝わってきたが、やっぱり偉物だったなあ、とあらためて思った。今の日本では、こういう意味での知識人で、かつスピリチュアルな基盤を持つという人が、どこにいるのか、よく知らないのだが、そう多くはなさそうな気がする。私がシュタイナーを尊敬するのは、勿論、別格のスケールの大きさはもちろんだが、今言った意味での、世界に対する責任感をもつ真の意味での知識人だったからだ。小泉・安倍政権の下で、どれだけの生活者・若者たちが窮地に追い込まれていることだろうか。中国との経済的な競争に耐える(勝つより耐え続ける方が大事)には、会社を強くするのではなく、社会を健康なものにすることではないか。ホームレスのいない社会に戻すところまでは行って欲しい。テレヴィで消費者金融という名の高利貸し(注2)の宣伝がのさばる日本(小泉政権の成果の一つ)は本当に恥ずかしい社会で、「美しい日本」って何だったんだ?

(注)これも言葉の忌まわしいトリックで、何でもかんでも「テロ」のひとことでくくってしまうのと同じやり方だ。

(注2)本日の死語。だが、こういう物事の本質を言い当てた正直な言葉こそ復活・蘇生したい。


  1. 2007/09/16(日) 10:49:24|
  2. 人智学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

二千年前の生活水準

NHK・BS2で「世界遺産ベスト30」を見ていると、やはり世界(人類の歴史・文化)は書物の中だけでなく、実際に触れてみなけりゃ意味ないよという痛烈な感覚に襲われる。老後こそ、貧乏旅行で、世界を遍歴してみると良いかも知れない。「ポンペイ」のNHKによる映像が数秒出て、アンケートでポンペイを推した国立西洋美術館の館長(考古学専攻)のコメントとともに紹介された。2千年前の人間生活に、もちろん近代科学の影響は皆無で、その世界観・人間観は、現代の唯物論的なものとは全く異なっていたわけだが、噴火した火山灰の中に温存され・復元されたその生活の細部は、非常に豊かな・美的とも言える生活レヴェルを示唆していて、あらためて驚かされた。

当たり前のことだが、世界観・人間観は、何も現在のものが一番進んでいるというわけでは無い。自分が生きている今、人々が根拠もなく(!)信じているものを疑う自由(そのヴェクトルの向きは?)を行使すれば、自分自身が広大な時空間の探求者になることが出来る。今すぐに。

ちなみにこの番組の世界遺産ランキング第一位は『マチュピチュ』で、ウイーン行きの飛行機でお隣になった世界旅行者inomotoさんのブログでも紹介されています。


  1. 2007/09/09(日) 11:23:53|
  2. 人智学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

凡人のサトリ

65-200


数学の定理・世界は、美しく、それだけでありがたく、思わず合掌したくなるようなものである。「顕現」の輝きがある。

私のような浅学非才の研究者にとっての研究上の方法論は、一つの方法を身に付けたら、それを徹底的に磨くこと、切れ味を鋭くすることなのだ。あれこれ迷っている暇は無い。それで行けるところまで行ってみることである。

実は、このひと月・ふた月あまり、ほとんど勉強することが出来なかった。そろそろ、イデアの世界に復帰しよう。その世界での苦労は、全く苦労ではない。

サトリの件。サトリへの形態は、全く人それぞれであって、自分自身のサトリの小道をたどれば、それで良いし、それ以外には無い。いわば霊的固有空間(=自我?)の自覚だ。何か一般化したり、法則・命題に持ち込むのは早過ぎる。(私にとっては)全く具体的で、瑣末で、矮小なこと自体がもっとも貴い。それを痛切に感じている。




  1. 2006/07/29(土) 12:31:44|
  2. 人智学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
11月 « 2018年12月 » 01月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。