FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウォーカー(アレックス・コックス監督、エド・ハリス主演、1987頃)

昨夜、ようやく、「ウォーカー」(アレックス・コックス監督、エド・ハリス主演、1987?)を観る。
TSUTAYAレンタルサイトの感想文には、「訳がわからない」というものも多い。途中からどんどんシュールな展開になっていくので、特に若い人にはそう思えるかも知れない。日本で言えば幕末の、ニカラグアの話なのに、主人公を乗せた馬車をでかいアメ車が追い越して行く辺りから、まじめな鑑賞者は「おやっ」と思い始めるのだろう。しかし、この辺から、アメリカ帝国主義(死語か)に対する作者の政治的な感情が露出してくるので、年寄りにはむしろ話が通りやすい。それよりもなによりも、一貫して作者が、主人公ウオーカーと共に、侵略・略奪・征服という男子の持つ禍々しい業の側に立って話を進めて行くことの方に新味というか、驚きがある。それは現代日本ではもはや時代遅れで、抑圧された(昇華されたとは言えない)生命力に属するが、世界の多くの部分では、まだまだそう言う古層の無意識に支配された生き方が、巧妙に利用されているのではないか。

しかし、私が思うのは、リアルとは何かと言うことで、(例えば)ビッグバンをリアルだと感じる感性・方法論と、こういう現実を越えた語り口でしか表現できないもの(現在につながる歴史体験)があるという考え方には共通する大きな覚悟があるのではないか、と言うことである。その覚悟を持てるか否かが、素人と玄人の差なのだ。一線を越えてしまった人が、私の考える玄人である。つまり、それは、逆説的かも知れないが、素人から見たら「おかしい人」でなければならないのだ。

私に言わせれば、現代科学ほどおかしいものはない。しかし、そのおかしさが現実のある側面に強く結びついていて、現代文明を形作っているのは誰も否定できない。

本当は、昨日、久しぶりに夕方7時過ぎに帰宅し、DVDを見た後、何か足りない気持ちになり、例によって、シュタイナーの「100冊のノート」と、「宇宙的人間論」を眺めていて、感じたことを書こうと思ったのだが、うまく書けなかった。シュタイナーの語りは、普通のモノガタリに即していないわけで、しかし、そのようにしか語り得ない現実というものもあると思うのだ。万物、特に動物などの生き物たちの存在が人間と世界の運命に深く関わっているというアイデアには、何かつよく心惹かれるものがあるのだった。

そう言う固いことは抜きにしても、映画好きにはとても面白い映画ではないかと思いますよ。


スポンサーサイト

  1. 2008/08/31(日) 17:39:38|
  2. DVD・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新撰組始末記(三隅研次監督・大映・1963年)

市川雷蔵、城健三郎(若山富三郎)、藤村志保、天知茂。原作:子母澤寛。脚本:星川清司。これは素晴らしく面白かった。やっぱり三隅研次は好いなあ。雷蔵・志保の青春映画としても不滅の出来映えだと思う。城健三郎・天知茂の近藤・土方コンビもキャラクターの造形と存在感が抜群で、忘れがたい印象を残す。子母澤寛の新撰組は司馬遼太郎よりもずっと以前に書かれているはずだが、こちらの方がずっとクール(新撰組を英雄視していない)で現代的かも知れない。監督・役者・スタッフの三拍子が揃ったこの時代の日本映画(しかし斜陽化は目前だった)の実力はすごかった。特に池田屋襲撃のシーンなどは、現代的なリアルな殺陣の連続で、大画面で見たかったと思う。池田屋事件収束後、会津軍指揮官として一瞬出てくるような脇役の俳優の存在感・演技力がきちんとしている。そんなことは、当時の映画産業としては当たり前だったはずだが、現在ではそれが完全に崩壊しているらしく、例えば大友克弘監督の「虫師」は、そういう意味で(おそらく脚本も)無惨な出来だった。

その勢いで、三隅研次版・雷蔵主演「大菩薩峠」のDVDも借りる。映画館で見る夢はかなわないだろうが、せめて大画面(プロジェクターか、大型テレビが安く出たら)で観たいと思うけれど、経済状況を考えるとあと三年は我慢か。このところ、1960年前後の大映映画ばかりで、「眠狂四郎」以外にも、勝新太郎・増村保造 監督「兵隊やくざ」、市川雷蔵・市川崑監督「炎上」なども観ている。近在のツタヤが、なぜかその辺りを充実させているのだった。


  1. 2008/05/03(土) 10:10:26|
  2. DVD・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

物語への逃避

「のだめ」19巻を読破(?)した勢いに乗って、新訳「カラマーゾフ」を寝る前に寝床で読む。DVDでは「眠狂四郎・全12作」の第三作目にさしかかる。その上に、昨晩からは、「ツインピークス・シリーズ1」も見始める。皆、ボリュームのある物語で、逃避であることはわかっているが、しかたがない。それぞれに傑作なのだから。「論文を書ク」と、筆ペンで紙に書いて、仕事部屋に貼った。ものすごく下手な字。確信犯的な下手ぶりだが、誰も笑ってくれないので淋しい。受けねらいが成功したためしがない。

勉強ばかりで、雑用も多く、なかなか論文に着手しない自分が陥っている多少混沌とした精神状態、焦燥感のためなのか、今年は、寝込むほどではないが、風邪っぽい日が多い。石油節約で、部屋が寒いせいもある。

サックスは先日の月曜がレッスン始めだった。師匠の親身の指導により、タンギングを直す。音が又変わる。われながら本格的な音だ。しかし、この音で演奏することが出来るようになるまでには、まだまだ時間がかかりそうだ。リード(5枚一組で購入)も疲れてきたので、そろそろ新しいものにしなければならないか。

「薔薇十字の覚醒」もボチボチ読み進める。科学と神秘が対等に渡り合えた時代が、わずか400-300年前のこと。歴史に疎いので、固有名詞に惑わされつつ。勉強したいことが多くて、アタマが破裂思想(変換間違いだけど、気に入ったのでそのままにしておこう)だが、焦らずに。水泳すると、この辺の焦りが消えて良い感じになるのだけれど、今日泳げるかな。また鼻水が出てくる。


  1. 2008/01/27(日) 12:17:10|
  2. DVD・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

この世に美しいものはないのかー!!!

子供(中学生女子)が市川雷蔵の眠狂四郎が観たいというので、「眠狂四郎・殺法帳」(1963大映・田中徳三監督)を借りる。「忍びの者」「続忍びの者」を去年一緒に観て、ファンになったのだろう。ただならぬ完成度の高さだ。関わったすべての人たちが、すごい仕事をしているのがよくわかる。映像の美しさ・格調の高さ。DVD自体も本編以外のデータが豊富で、DVDを作った人たちの当時の日本映画への愛情と尊敬(今で言うリスペクト)の感覚が伝わってきて、心ふるえた。当時の映画館の壁面には必ず飾ってあったスチール写真(still?)が収められていて、それらを眺めた瞬間、子供の頃かいだ映画館の独特の匂いがよみがえってきた。実に不思議だ。ああいうものは、どんなに高級な香水の職人にもブレンドできない、再現できない過去の痛切さだ。いつも、母親に連れられて、たちばな館通りの映画館か、曳舟駅の方向のどこかにあった映画館に通った。そういう記憶というより理解は、小学生にもなっていなかったのではっきりしない。眠狂四郎シリーズは10作近くあるらしいので、順番に観ていく計画になった。中村玉緒も素晴らしい演技だったな。山や海のシーンのカメラの美しさも、台詞の文学性も、すべてがただならぬものだった。さあ、ご一緒に、「この世に美しいものはないのかー!!!」


  1. 2008/01/19(土) 08:35:46|
  2. DVD・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

京劇・孫悟空 and "The Departed"

未だ、大掃除・大整理は終わらず。そして、試験の採点も終わっていない。問題を丁寧に作りすぎた。いつになっても採点作業が終わらない。次回は、採点をひとに依頼できるように、選択式の問題にしようと思う。

昨夜は、DVDで"The Departed”を観た後で、BS2で京劇・孫悟空をやっていて、ついついそちらも観てしまい、寝るのが2時になってしまった。前者のオリジナルの香港映画「インファナル・アフェアー」も以前観ている。スコセッシは「the aviator」が良かったので、観ざるを得まいと言う気持ちで見始めた。アメリカのマフィアより、香港のマフィアの方が怖い。なぜだろう。

愚考するに、今のハリウッド映画は、何をやっても「ハリウッド映画」と言う強固な枠組み・制度から逃れられないというトラップにはまってしまうのでしょう。観ていても「もうこういうのはいいや」感が強まる。なんて言うか、すべてが技巧・技術であり、ビジネスなのだというメタな認識が強くて鑑賞にのめり込めない。情報が多すぎるせいなのか。既視感が強すぎて、まあ、こんなものか。しかし、正直もう飽きた。「その手には乗らんよ」

京劇は面白かったが、眠すぎて、最後まで見られず。猿や妖怪の集団的な身体の動きに引き込まれるし、衝撃音(銅鑼、鉦など?)の連続もいやが上にも昂揚感をあおり立てるし、歌もエキゾチック、猪八戒のキャラも最高。すごく面白かった。


  1. 2007/08/25(土) 10:29:34|
  2. DVD・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

酷暑・大掃除・嫌われ松子の一生

昨日の日記。

朝、残っていた仕事を片づけた。学会のabstract提出。最近は家から職場のメールがチェックできるので。しかし、家からだとなぜか添付書類が読めない。

エンジンがかかるのが遅いが、その後だましだまし、一昨日に引き続き大掃除開始。この短い夏休みに終わりそうもないので、断続的に続けるつもり。着られなくなった衣類などを処分。文字通り山ほど。ホントウは、色々な活用法があるのかもしれないが、不便な田舎に住んでいるので、古着のリサイクルをするということになると、そのために奔走するだけで一日が終わってしまうため、心を鬼にしてすべてゴミ焼却場に出す。

この十年で日本が変わったことといえば、大量の安価な中国製品が出回るようになったことだろう。それが日本人の消費形態を変えた、給料に比べて何でも高かった昔は、少ない持ち物を大切に使い続けるのが当たり前だったが、とりあえず安物が安直に手に入る時代になり、店頭で欲しいと思ったらすぐ買えてしまう。賢い家庭は別として、わが家のような自覚の乏しい家庭は、気がつくと要らない安物だらけだ。つまり、安易な買い物で大量のものを買い込む一方で、昔の「もったいない」の生活倫理だけが残っているため、家の中は大変なことになる。要するに、愛情の感じられるものだけを買って、それを手入れしながら大事に使うことを、私としては望むのだが(これは主に妻へ)。

そういうことで、ものの整理以前の、ものの処分がともかく大変だが、使わないものをともかく捨てる。

アメリカは、十年以上前、既に衣類や日常雑貨などの生産はほとんど海外(南米、中米など)の安い労働力に頼るようになり、国内産業が空洞化(ダメになる)していたが、そのせいで日常雑貨や衣類は日本に比べるとものすごく安くて、結構買いあさった覚えがある。遅ればせながら日本もそういう状態になった。その頃買った食器なども、今日は処分する予定。

夜、『嫌われ松子の一生」をDVDで観る。中学生と一緒に見るには不適切な部分もあり、どうしようかと思ったが、結局最後まで見る。映画通としては点が辛いエガちゃん(江頭)がブログで唯一褒めていたと言うことだが、なるほど。やはり日本映画は面白い。ともかく最後まで見ないとこの映画の言いたいことはわからない。まじめな意味でスピルチュアルな映画でした。

戦後の日本人を旧世代と新世代に敢えて分類するとしたら、日本の新世代の特徴は、人間観が変わったということでしょう。科学を勉強してその限界を見極めたわけで無くとも、人間が本質的に霊的な存在だということが自然に前提になってしまう。それを証明するのは難しいかも知れないが、実は、逆に人間が物質のみの存在だということを証明することの方が、百倍は難しい。霊的な問題は、いわゆる見霊者によってヴィジョンも主張も異なることが多いので、細かいことになると何が真実か、誰が正しいのかはよくわからなくなってくるが、基本的な認識が正しければそれでよいのではないかと、少なくとも霊的な問題で飯を食っているわけではない私などは思います。ここではそんなことはどうでも良いわけで、「下妻物語」も面白かったが、これは三倍泣ける傑作だった。


  1. 2007/08/15(水) 07:42:51|
  2. DVD・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

忙中閑あり・DVDで映画「どろろ」を観る

このところ、中国出張、公的研究予算の審査、期末試験の問題作成と言うことで、ブログ書きを疎かにしてしまう。昨日などは、全くへとへと、ふらふらだった。大型ドラッグストアでタウリン3000と2000とかいうドリンク剤(ユンケルなどの高価なものではなくて、地方の製薬会社で作っている安売り用の製品)、それからタール系色素無使用の入浴剤(檜の香り)等を買う。入浴、昼寝。夜起きて、試験問題作成。

しかし、昨日が返却期限だったので、朝のうちに「どろろ」を観た。色々と問題点は多い。妖怪の表現にばらつきがあり、どちらかというと「怪獣」っぽいところとか。制作・演出に力を入れた妖怪と、見るからに低予算・短時間で演出した妖怪があって、後者にもそれなりの存在感が欲しかった。アニメ、と言うよりも、テレビゲームから逆輸入されたような妖怪で、実際、CGによる妖怪の表現はそういうところに外注しているのではないかと思った。私の乏しいテレビゲーム経験から言っても、城のデザインや妖怪・土屋アンナのアニメ表現などが「鬼武者」に出てくる幻魔城や、「パラサイト・イブ」に出てくる怪物みたいな感じで、新鮮さが乏しかった。一番弱いのは、妖怪退治の旅で、エピソードや説明抜きに妖怪退治の戦闘が連続するのだが、音楽も安っぽいウエスタン調にしてあるのが、全体の流れの中で調和していなかったように思う。むしろ、荘重なオーケストラでも使った方が、安っぽい妖怪の表現とコントラストが出て面白かったのでは無かろうか。

冒頭の「いくさ」のシーンから、黒沢明「乱」を意識した作りだったが、百鬼丸の母親役で原田美枝子が出てくると、映画の空気がどこか凛としたものに変わってしまうのはさすがだった。俳優の中では、弟役の瑛太も存在感があり素晴らしかった。この二人が出てくる終幕は、演出も一番力が入っていて、とても良かった。結末が、原作とは別の形で光が見えてくる展開で、原作を知っている人でもなるほどと思わされるのではないか。この辺は、シナリオも良く練られていると思う。子供には面白いだろうし、したがって私にも面白かった。美術が今ひとつだったのと、村民(集団)の演出の下手なところ、それから琵琶法師役の中村嘉葎雄が最後までしっくり感じられなくて、ミスキャストな点が気になった。

土屋アンナ(蛾の奥方)の手下の女の子妖怪たちが好き。妖怪と言っても、他の妖怪に見られた不条理な怪獣みたいな扱いではなく、手塚原作らしく、この女の子たちのように人間的な表現にした方が心に残る。

続編の予想を書いておくと、黒沢明「隠し砦の三悪人」の姫君と、どろろ・柴咲コウの扱いがおそらく同じで、最後はあでやかなお姫様に変身するのでは無かろうか。そうでないと、或る意味不自然な、柴咲を起用した意味がないと思われる。


  1. 2007/07/22(日) 09:14:29|
  2. DVD・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新しい秋・付「V for vandetta」

毎年思うことだが、秋は素晴らしい。
少なくとも関東地方では、何か特別な季節で、日本がヨーロッパに引っ越ししたような気分。こういう季節に、旅行したり、山に登ったり出来る人はしあわせだ。昨晩、きれいな月を見ながら、山に行きたいと思った。今のうちに身体をそこそこ鍛えておいて、後何年かして、もう少し自由になったら、学生時代のように、テントを担いで、山を歩こうと思った。それから、テナーサックスを習うこと。これが私の二大願望。ささやかながら、こういうことがなかなか実現出来ない。

今は、本当は忙しい季節で、昔なら休みも返上して職場ではたらいていただろうが、最近は、そう言う働き方は止めてしまった。原稿の締め切りは、三週間延ばしてもらった。編集担当者の手の内はわかっているので、こういうことも可能だ。もう一つの締め切りは、実験に関することで、こちらは相手側のスケジュールを狂わす可能性があって、社会人的には、まずい。しかし、もう二・三日待ってもらおう。科研費(文科省の研究予算)の締め切りも近い。こちらは、職場の締め切りが早めなので、やはり少しの遅れは何とかなるだろう。

ブログで褒めている人がいたので、「V for vandetta」をDVDで見た。
11月5日というのが、作中で、特別な日なのだが、どうせなら、11月9日にした方が良かったのでは無かろうか。「ニューヨーク同時多発テロ」が起きて直後に、既に田中宇氏のHPでは、米国政府の陰謀説が説かれていて、その後の動きを見ていても、私のような政治素人にも何かおかしなものがあるのは確かだと思われた。「V・・」は、この「同時多発テロ政府陰謀説」を絵解きしたような映画だが、今更これを観て興奮するようなナイーブさが私には欠けているようだった。ここ数年、最近のハリウッド映画を観て、興ざめな思いをすることが多い。これもその例に漏れず、21世紀ハリウッド的形式主義・約束事の世界。何でこんなにつまらないのだろう。作っている人たちも、山崎パンの工場でパンを焼いているような感じで「映画、一丁上がりー」てなものかな。映画のシステムが完成した途端に映画は腐り始めるのか。私には、頭に「ずら」を乗せた哀川翔の方が好感が持てるよ。

この映画で感覚的に嫌だったのは、絵空事のヒーローが、CGリアルな(と私には思える)流血シーンを演じてみせることだった。ちなみに、椿三十郎(黒澤明)の最後の決闘シーンの大出血には必然性も説得力もあったけれど。


  1. 2006/10/09(月) 09:42:29|
  2. DVD・映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
09月 « 2018年10月 » 11月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。