スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

柏でライブ 

子どもと一緒に師匠のライブに行ってきた。

135色つき
写真はクリックすると全体が見られます(記事の中では右端のテテさんが切れている。ドラムスの井谷さんは師匠の陰になって見えない!)。


1.ステージ目
1.即興~MAGENTA(旧橋 壮)
2.EL CARRUAJE(ANTONIO GAMAZA)
3.NORD(旧橋 壮)
4.SWEET AND LOVELY(スタンダード)
5.RUMBA CHICK(ANTONIO GAMAZA)

2.ステージ目
1.SPRING FOREST(久保島直樹)
2.CIRCLEDANCE(久保島直樹)
3.宇宙の花(旧橋 壮)
4.宇宙の花VARIATION#1(旧橋 壮)

アンコール
5.MY ONE AND ONLY LOVE(スタンダード)

2009/06/19 柏STUDIOWUU
旧橋 壮ts、ss,fl
久保島直樹p
カイドーユタカwb
ウインチェスターニーテテperc
井谷享志ds,per

楽器

スペインのピアニスト・ガマザさんの曲が二曲、師匠の新作オリジナルも二曲で、後半はピアニストの久保島さんのオリジナルも二曲という、意欲的な構成だった。「日本のバド・パウエル」久保島直樹は絶好調だったと思う。テテさんは生は初めてだったが、井谷氏との掛け合いが面白く楽しめた。師匠の新曲は、パリとスペインでの強烈な印象を昇華したもので、新境地だった。やはり、作曲者としても、まだまだこれからよいものを残して行く人だと思う。テナーは、ひょっとしたら、リードの具合がよくなかったのかも知れないと思わせる面もあった。カイドーさんのベースは、生で聴くのは二回目だったが、今回は特に印象付けられる主張があって、面白かった。

ステージ前半の音楽では、(私は古い人間なので)現代に密儀というものが存在するとしたら、こういうものになるのかも知れないなどと考えてしまった。それくらいおもしろかった。アフリカのテテ、日本の旧橋、スペインのガマザの国境を無化したコラボでそれが実現したわけだ。後半の久保島さんのオリジナルは、明るく優しい光の世界なのだが、どこか屈折したものがあり、ジャズだけでなくクラシックの記憶も踏まえた一筋縄ではいかない曲だと思った。ひょっとしたら私小説の世界かも知れない。

ジャズも尖端では現代音楽と変わらなくなる。

行く前に寄った北海道ラーメン「ひむろ」がおいしかった。

スポンサーサイト

  1. 2009/06/21(日) 11:53:30|
  2. サキソフォン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

アニメの殿堂

このリンクは、「アニメの殿堂」に関する意見で、アニメの好きな人のほとんどはこのように考えているのではないか。




  1. 2009/06/19(金) 07:48:58|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

幻影毛の問題

私は半年に一度程度、床屋に行く習慣だったが、ストレスが髪に出る体質で、ハゲと白髪でどうしようもない。そこで、かねてから、賢明な子どもは、私に頭を丸めるよう、進言してきた。先日、ついに私も折れ、バリカンで1mmに刈ってもらう。しかし、未だ、物足りないので、Kズ電機で、最新式のシェーバー(丸洗いできる)を購入し、自分で残りの1mmも剃ってみた。これで完成形だ。素晴らしい。万歳、万歳。ようやく人間として完成形に近づいた心地がする。皆さんもいかがですか。


  1. 2009/06/18(木) 07:43:32|
  2. オサレ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サックスの問題

レッスンは、時間の問題で、行けなくなってしまっているが、もちろん、万難を排して練習時間は作っているのだった。最近の進歩としては、スケール(音階)がようやく理解できてきたこと。ピアノを習った人には自明のことでも、音楽の勉強を全くしなかった私には、目から鱗が落ちる体験だった。一定周期を持つ全音と半音の組み合わせ(有限個)と、それが伴う感情の違いがすべてなのだった。これは、結晶の構造や、そしておそらくは、ピタゴラス・ケプラー的な星界の音楽にも通じることであり、世界の数学的・イデア的な背景と密接につながっている。そこに痛切な感情体験が伴うところが、音楽というもの唯一無二な点であり、優れた音楽家は皆イデアリストである。そう言うことで、まずは、ドリアンスケールのマスターから始めたところ。キャノンボール購入後、二年半経って、ここまで、というのは、随分のんびりしているが、音はかなりよくなってきている。しかし、タンギングとアーティキュレーションがやはりまだまだで、子どもにへろへろした音色を物まねされ、悔しいが、認めざるを得なかった。金曜に柏で師匠のライブがあるので、なじみの常磐線で行くつもりだ。


  1. 2009/06/18(木) 07:27:43|
  2. サキソフォン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

非正規雇用の問題

サックスの師匠は最近冴えている。
ブログを読んでいて、ハッと目が覚める思いがした。
非正規雇用の問題を指摘しているのだった。

私の職場でも、もちろん問題で、私自身、人件費が年々削減される中で、色々と悩み始めている。
今年は、くじ引きで組合の委員に当たってしまったので、早速、組合の取り組むべき課題として、提案してみた。今は、メーリングリストがあるので、こういう点は、とても便利だ。




  1. 2009/06/18(木) 07:10:35|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本の政治状況への危機感から逃れられないので・・・

最近はブログに向かうと、政治のことばかりになってしまうが、現在の日本の、マスコミと権力が一体化した翼賛的状況を見れば、誰でもそうならざるを得ないのではないだろうか。

政治言語としての「政権交代」 - ポピュリズムと擬似カリスマ(世に倦む日々)

_____下記は上記記事へのコメント(送信したばかり)____

わたしは、現在の状況では、次期政権の対米姿勢を最重要視しています。

小沢は確かに古い体質の政治家です。

しかし、現在の日本の最大の問題が、いかにアメリカの戦略的な日本搾取・日本隷属化政策から離脱すべきかであると言う認識を持つ人間にとって、

小沢の反米発言(わたしはこれをJ-Waveのインタビューで聴いた)以降の、西松問題がらみの国策逮捕と雪崩を打つような反小沢報道は、まさしく、小沢氏の米国離脱姿勢にアメリカが速攻で反撃した明証だと思いました。

日本のマスコミが、アメリカに陰に支配されていることは、最近の朝日新聞の変貌ぶりを見ても一目瞭然です。

世に倦む日々さんは、何を目指しているのでしょう?
世に倦む日々さんにとっての闘争すべき敵とは、誰なのでしょう?

わたしにはよくわからないのですが。

___以上コメントの引用終了___


「世に倦む日々」さんのブログのコメントを見ると、過去のものでも、承認されていないものが多い。
公開されているコメントは、わたしが目を通した限りではすべて、記事に同意する内容のものだった。
おそらく、このコメントも承認されないと思う。
しかし、わたしのブログに公開するのはかまわないだろうし、自分の記録として記事にしておくことにしよう。


  1. 2009/05/16(土) 23:11:04|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

漆間巌の政治犯罪の記録がデヴィ夫人のブログに引用されている

___以下は引用___

http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10247818743.html

拉致問題を利用して成り上がったある警察官僚の実態

 この方はご存じの様に警察官僚の出身で、

安倍政権時には警察庁長官であり、安倍さんと深い信頼関係を結んでおり、

安倍首相が官房副長官として抜擢すると
言われていました。彼が何故そこまでの信頼関係を築く事ができたのか。
彼が警視庁長官だった時代を振り帰ると、全国の警察で政治的、
恣意的な捜査が連発されていました。ターゲットにされていたのは

朝鮮総連、及び北朝鮮でした。


 もちろん、犯罪行為があればきちんと捜査する事に異議を唱えません。
しかし、漆間長官の時代には、事実に基づかない捜査、

あるいは事実を相当に誇張、歪曲した捜査が横行しました。

例えば〇六年(平成十八年)、東京在住の在日朝鮮人のおばあさんが

薬事法違反に問われた事件がありました。
これは、持ち出しが禁じられている薬品を

万景峰号で北朝鮮に持っていこうとした事件、

事件と言うより 「事案」ですが、この時に警視庁公安部は

総連の東京本部などを大々的に強制捜査しています。

事件と関係があるとは思えない劇団の名簿まで

持っていてしまう様なガサでした。

 しかし実態は、このおばあさんがピョンヤンにいる親戚に点滴薬などを
持って行こうとしたに過ぎませんでした。

しかし、薬事法が改正された後であり、持ち出しができなかった。

そうだと分かると、おばあさんはすぐに諦めて送り返した。

ただそれだけの事です。

ところが警察リークに基づいてメディアは大々的に報じ、
新聞の社説では 「ミサイル開発に関係あるのでは」 や

「個人的犯罪である訳がない。国家ぐるみの犯罪だ」と書かれていました。
憶測記事が山の様に量産されていましたが、実態は先述の通りであり、
警察は書類送検しましたが、起訴もできずに幕引きしました。



  1. 2009/05/08(金) 10:15:34|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

地デジも民意のコントロール{憲法改悪に向けて)の道具立てだろう

地デジも民意のコントロール{憲法改悪に向けて)の道具立てだろう。
公明と自民が地デジ化を強行する真意はその辺にあるのだと思う。
双方向性を利用して、憲法九条改悪に民意を誘導するつもりなのだろう。
今の放送局なら、民放でもNHKでも思いのままだろう。
現在の日本のマスコミの動向を見ていると、そう言うことがしたくて仕方がない気持ちがありありと見えてくる。検察も押さえたし、もはや、やりたい放題だ。

草薙君が深夜の公園で裸になった結果、警察の過剰な反応を引き起こし、マスコミにたたかれなければならなかったことも、鳩山氏のどう考えても不可解な怒りの発言も、地デジのこういう意味を考えれば、理解できるような気がする。

そして、実質は米軍指揮下の自衛隊を海外出兵し、日本の青年を欧米資本家とその取り巻きたちの利益のために死なせるつもりなのだろう。
戦争になって利益があるのは誰なのか。それからしか答えは出ないと考えると、日本の大企業も怪しく思えてくるところがこわい。
今の日本は本当に危ないと思うので、ブログに向かうとこういう話になってしまう。以前のように、サックスや、勉強の話を書くつもりでいても、結果的にこうなってしまう。

子どもの頃、父と銭湯に行くと、上腕と大腿部に貫通銃創(弾丸が貫通した痕)があり、戦争で付いた傷だと教えて貰った。貫通したから助かったが、骨に当たっていれば、駄目だった。戦地で盲腸になり、麻酔なしで手術された。戦艦武蔵の生き残りだった。姉が石垣島で農業を始めた時も、沖縄の海には行きたがらなかった。戦争映画で「天皇陛下万歳」と叫んで死んで行くシーンを見ると、あれは嘘で、お母さーんと言って死んでいくんだと言っていた。孫が戦争に狩り出されるようなことになったら、おれは身体を張ってでも阻止すると言っていた。

母は、東京大空襲の時、向島で、家の側に落ちた親子焼夷弾が不発だったおかげで、死なずにすんだ。渋谷の大空襲の時には、女子挺身隊で、井の頭線の車掌だったが、神泉のトンネルに電車を入れて、難を免れたそうだ。私の記憶でも、本当に小さなトンネルだ。米軍の艦載機(グラマン?)が飛んできて、井の頭線に機銃掃射してきたときは、電車の下に隠れたそうだ。父方の祖父は、私の生まれるずっと以前に他界したが、二百三高地の生き残りだったそうだ。

私自身は、痛みに弱く、拷問には即屈服するタイプだ。

私の反戦意識は感情的・動物的なものであるが、理性的に考えても、軍備や核兵器で平和が確保できるとは思えない。むしろ、軍事産業にうまく利用されるだけだ。単純すぎる議論(北朝鮮、中国に関して)は、小泉以来の世論誘導の手法だと思った方が正しい。



  1. 2009/05/06(水) 11:08:24|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
06月 « 2017年07月 » 08月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

Profile

idealistk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。